モノ/ガジェット

民生用VRカメラも8Kの時代へ突入!Vlogカメラとしても使える「KANDAO QooCam 8K」

わっき

映像ディレクター/デザイナー/パノラマ写真家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

11月7日。北京でKANDAOの新製品発表会が開催され、ひと足お先に実機に触ってきました!
今回登場したのは360度カメラ「QooCam 8K」

前機種「QooCam」は360度と立体180度の撮影が可能なハイブリッドタイプでしたが、「QooCam 8K」はその名の通り8K解像度で360度撮影が可能なVRカメラです。
立体撮影はできなくなりましたが、QooCamと言う名前は民生用カメラのシリーズとして使用するとのことです。(ちなみに業務用はObsidianシリーズ)

静止画も動画も8K(7680x3840ピクセル)で撮影できるとあって、民生機としては他社製品よりも頭一つ抜き出ました。これだけの解像度であればVRゴーグルで見ても没入感が違います。

しかも個人的な予想を大きく下回る価格設定で驚きました。
これだけのスペックでありながらも67,100円。
日本国内のVR関係者はザワついております。

そして発表の翌週開催となった「InterBEE」(幕張メッセ:11/13-15)で日本初お披露目。
これを目当てに来場されたという方もいらっしゃり、注目度はバツグンです。

発売予定は2019年12月ですが、既に発表後から予約受付ははじまってます。
12月11日までの予約分には自撮り棒が付いてくるほか、既存のQooCamユーザーには割引クーポンが発行されるとのことです。

360度カメラのフラッグシップモデルが一気に身近になりました。

公式サイト
https://www.kandaovr.com/ja/qoocam-8k/

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る