モノ/ガジェット

  • いいね

自動台形補正機能で機動性が格段に向上したモバイルプロジェクター「XGIMI MoGo Pro+」

わっき

映像ディレクター/デザイナー/パノラマ写真家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

小型ながら300ANSIルーメンという明るさでAndroidTVを搭載したモバイルプロジェクター「XGIMI MoGo Pro」。
ネットに接続して色んな動画コンテンツを大画面で手軽に楽しめます。

そしてそのMoGoシリーズの新製品「MoGo Pro+」が発表されました。
MoGo Proのアップデートバージョンという感じなのですが、何がどう変わったのでしょうか?

発売前の商品をお借りできましたのでご紹介します。

一番の違いがオートフォーカスの高速化と自動台形補正機能の搭載。
従来は斜め方向からの投影時には手動で補正をする必要がありました。

そこで自動台形補正!
スクリーンや壁などの平らな面に向かって本体を置けば、斜めに投影していても自動で真っ直ぐにしてくれるんです。

さらに収納可能なスタンドも搭載され、本体のみで上方向30度までの角度をつけられるようになりました。
しかもフルHDの解像度はそのままに、シャープに鮮明な映像となりました。

Android TV搭載でネット動画の視聴が快適♪
スマホやVRデバイス(Oculus)の画面も簡単に大画面投影できます。(2.65mで100インチ投影)
高音質なHarman-Kardon製スピーカー搭載、本体内蔵バッテリーで動画なら約2時間、音楽なら約8時間の再生が可能。

こうなるとモバイルプロジェクターとしての機動性が格段にアップしますね!

より詳しい情報は下記をご覧ください
https://d-wackys.hatenablog.com/entry/2020/11/30/184146

シェア

いいね

コンテンツへの感想


モノ/ガジェットの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る