モノ/ガジェット

  • いいね

動く軌道を描ける!スマホアプリで細かな動作設定が可能な電動ドリー「Trexo Wheels」

わっき

映像ディレクター/デザイナー/パノラマ写真家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

動画投稿サービスが一般的になり、個人でも商品やサービスを紹介する動画が多くなりました。
でも動きのないものだと映像が単調になって途中で飽きられてしまいます…

こんな時には映像にリズムを与えるためにカメラの方を動かすのですが、慣れないとスムーズな動きって難しいですよね。

そこで使用するのが電動ドリー。
じわーっとゆっくり滑らかに移動しながら撮影できる機材です。

簡易的なものからプロ用途まで色んな製品が発売されていますが、クラウドファンディングで興味深い製品を見つけました。
それが「Trexo Wheels」
プロジェクト開始前にレビュー用に先行して試させて頂きました。

電動ドリー本体は充電式。付属のUSBケーブルで充電してしようします。
カメラを取り付けるアームやスマホホルダーも付属しており、そのまますぐに使用することが出来ます。

直線や円弧な動きであれば本体のみでも簡単に使用可能できます。
テーチング&GO機能で、動かせたい軌道を自分の手で直感的に指定できます。
これはメチャメチャ簡単なのですが、もっと細かく正確に制御したい!

そんな時にはスマホアプリとWi-Fiで接続して連動して使用します。
モードは大きく3つに分けられます。
「LINEAR PATH」は直線軌道、「CIRCULAR PATH」では円弧軌道を設定。
距離/速度/回転角度/加減速などの各種パラメーターを細かく調整できます。
リピート設定をすれば同じ動作を繰り返し行えるので、カメラが動きながらシーンが変化するような特殊撮影も一人で行なえます。

しかしこの「Trexo Wheels」の特長はここから!
「CAMERA PATH」モードを使用すると、スマホのカメラで俯瞰撮影した写真を元に、デバイスが動く軌道をタップで描いて指定することができるんです。
今まで難しかった直線や曲線が組み合わさった複雑な動きも簡単に設定できるんです。
写真がベースなので障害物を避けながらとか、テーブルの端ギリギリを通る軌道なども目で見ながら確実に設定可能。
今まで難しかった動作がアシスタント無しでひとりで出来ちゃうんです。

さらに付属の丸型プレートを装着すれば、電動ターンテーブルとしても使用可能。
回転速度だって自由自在!

個人使用に限らず、プロ用途としても活躍してくれるでしょう。
映像表現が一気に広がりますよ♪

より詳しい情報は下記ブログ記事をご覧ください♪
https://d-wackys.hatenablog.com/entry/2021/01/14/160623

シェア

いいね

コンテンツへの感想


モノ/ガジェットの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る