タイトル画像

川崎市中原区の歴史 徳川家の拠点?!人口増加率No.1エリアの成り立ちとは

和合大樹/Wago Taiki

なかはらPR代表(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

川崎市中原区は、昭和47年(1972年)4月に川崎市が政令指定都市に移行した際に誕生した街です。

川崎市のほぼ中央に位置し、区域の大部分は平坦部ですが、高津区や横浜市に隣接する井田エリアには豊かな緑の残る丘陵地が広がっています。

東京都心部や横浜へのアクセスに恵まれている事もあって、人口・世帯数は川崎市内7区の中で最大。

人口増加率が政令指定都市でNo.1の川崎市の中でも、中原区は人口増加率トップの地域です。

今回は、そんな中原区の歴史をわかりやすく紹介していきます!

参考記事:中原区の概要

川崎市中原区の歴史

中原区の成り立ち

現在の中原区は、1889年(明治22年)まで、小杉村や上丸子村など6カ村が合併した中原村、そして今井村、木月村、井田村など6カ村が合併した住吉村の2つに別れていました。

そして、1925年(大正14年)にその2村が合併して出来たのが、現在の中原区の原型である中原町です。

1933年(昭和8年)には川崎市と合併し、1972年(昭和47年)に川崎市が政令指定都市となった事で、現在の中原区が誕生日します。

“中原”の由来

中原区は、上丸子古墳に代表されるように、古い時代から人が居住している地域でした。

しかし、”中原”という地名が使用されるのは江戸時代以降からです。

江戸時代には、平塚の「中原御殿」と江戸を結ぶ「中原街道」が整備されましたが、中原区の”中原”という地名は、この地域が「中原御殿」までの中継地点だった事に由来すると言われています。

中原区は、徳川家が「中原御殿」まで行く際の拠点として、繁栄していったのです。

徳川家の拠点であった「小杉御殿」は、今では建物はありませんが、地名として地元で親しまれていますね。

中原区の一大拠点・武蔵小杉駅​
中原区の一大拠点・武蔵小杉駅​

交通の要所・中原区

そして、中原街道の中継地点として栄えた「小杉宿」に代表されるように、中原区はその後も交通の要所として発展していく事になります。

現在でも、府中街道、綱島街道、尻手黒川道路、多摩沿線道路などの主要道路が張り巡らされており、交通には困らない地域となっていますね。

あわせて読みたい:「中原街道」の歴史|なかはらPR(記事中記載)

中原区の発展

今は武蔵小杉駅を中心に栄えていますが、かつては、駅が現在位置している所のすぐ近くまで川が流れていました。

武蔵小杉駅周辺のエリアには、大正時代まで沼地や田んぼが広がっていたそうです。

そして、昭和初期にはその広大な土地に目をつけたNEC富士通が中原区に工場を建設しました。

また、それと同時に大規模な社宅が次々と作られて人口が急増していきます。

当時の中原区は、京浜工業地帯の一翼を担い、日本の高度経済成長を支えて行く存在だったのです。

現在の中原区へ

しかし、バブルの崩壊後の長期に渡る不景気によって、中原区でも閉鎖・移転する工場が急増。

武蔵小杉エリアに広大な空白地帯が生まれる事になりました。

そこに目を付けたのが、川崎市と不動産業界です。

都心へのアクセスの良さから、川崎市は武蔵小杉を溝の口や新百合ヶ丘と並ぶ大規模再開発の拠点と位置付けました。

そして工場や社宅の跡地にタワーマンションや、最近ではグランツリーなどのショッピングモールを作っていき、現在の街並みが形成されたのです。

あわせて読みたい:中原区歴史年表|なかはらPR(記事中記載)

※この記事は「なかはらPR」より転載しております。オリジナル記事が読みたい方はこちらからご覧下さい。

「なかはらPR」では、「川崎市中原区を再発見!」をコンセプトに、皆さんの生活に役立つ情報を分かりやすく発信しています。ぜひSNSのフォローよろしくお願い致します。

Twitter:なかはらPR@川崎市中原区

Instagram:なかはらPR

公式サイト:なかはらPR|中原区で"ふらっと"したい時に見るメディア

シェア

いいね

コンテンツへの感想