タイトル画像

【大師橋】”元よしもと天才芸人”が営む川崎の「らーめん 八か」で元気100倍!

和合大樹/Wago Taiki

なかはらPR代表(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は中原区から離れ、川崎区の昭和2丁目の産業道路沿いにあるラーメン屋「らーめん 八か(ばちか)」をPR!

働く人にはぴったりのコッテリラーメンを堪能できます!

そして何と言ってもこのお店、「しずる」や「パンサー」の菅、「ハリセンボン」とNSC時代に同期であり、最も同期中で面白いと言われた元芸人さんが一人でお店を切り盛りしているんです!果たして、どんなお店なのでしょうか・・・。

店内の様子
店内の様子

元よしもと天才芸人・タートル比嘉さん

川崎でひっそりとラーメン屋を営む、かつては天才と言われたピン芸人が、タートル比嘉さんです。

今では有名人の「ハリセンボン」などから最も面白かったと言われるタートル比嘉さんって、どんな人なのでしょうか。

昨年はダウンタウンの某有名バラエティー番組にも特集されて知名度もグンと伸びたので、川崎の南端に佇むお店は今も大繁盛なのかな・・・?と思いきや13時過ぎに訪れると先客はいませんでした。

タートル比嘉さん
タートル比嘉さん

入店すると元気に「いらっしゃい~!」と迎えてくれた比嘉さん。笑顔で人当たりがよく、こちらまで暖かい気持ちになれる接客は、元芸人だからというよりも比嘉さんの素晴らしい人間性が表れていると感じます。

芸人をやめた理由は、「芸人としての活動に疲れてしまった」からだとか。

若手の頃は「明日オーディションに行け」と言われ、急にスケジュールが入っていく生活が続きます。そんな中で、バイトの穴をあけてはいけないとバイトを優先していたら、チャンスを逃していってしまったそう。

何とも難しい業界ですね・・・。

そしてその後、紆余曲折を経て地元・川崎にラーメン屋を出したという事のようです。

元芸人と言われるとしっくりくる陽気なラーメン店主の比嘉さんが作るラーメン、どんな味なんでしょうか。

それでは、肝心のラーメンを食べていきます!

クセになる!疲れた体が欲する特製つけめん

券売機
券売機

券売機を見ると、全体的に家系に近い系統ですね。どれもコッテリ系のラーメンがメニューに並びます。

私は迷わず特製つけめん(1000円)と半ごはん(ランチ無料)をチョイス!豚骨醤油らーめんは以前に食べた事があったので、今回は普段はあまり食べないつけ麺にチャレンジです。

というのも、「らーめん 八か」のTwitterでいっつも店主の比嘉さんがつけ麺を賄いで食べているのを見て、いつか食べようと思っていたのです。笑

注文して約5分ほどで着丼!

特製つけめん
特製つけめん

旨そうー!!さすがボリューム満点です!

麺

熱盛で注文したホカホカの麺と、色鮮やかなホウレンソウとメンマの組み合わせが食欲を掻き立てます。

スープ
スープ

ネギと刻みチャーシューの入ったつけ麺のスープ!絶対旨いやつ・・・!

それでは、頂きます。

全粒粉麺
全粒粉麺

箸で掴んだだけでわかるこのモチモチの全粒粉麺!スープにつけるとネギやチャーシューと絡んで、モチモチジューシーシャキシャキなど様々な食感を楽しむ事が出来ます。

そして、濃厚なスープがこれまた旨い。飽きずにペロッと食べられました。

もちろん、このコッテリラーメンのお供は白飯です。家系ラーメン同様に、白飯ナシでは「八か」のラーメンは食べれません・・・!

着丼してから箸が止まらず、あっという間に完食してしまいました。

帰り際には元気にお見送りして頂き、接客も味も文句なしのお店です!比嘉さんがよしもと同期の中で天才だったと未だに言われている理由も、この根明で周囲の人を楽しませる事に長けている所が大きいんじゃないかと感じました。

ぜひ皆さんも、この機会に地元川崎でひっそりと営まれているラーメン屋「八か」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

※アクセスは、京急大師橋駅から徒歩6分。隣の華屋与兵衛の駐車場に車も止める事が出来るので、車でも行く事が出来ます。

店舗情報

【住所】川崎区昭和2-18-14

【電話番号】 なし

【営業時間】[火・木・日]11:00~14:30 [月・金・土]11:00∼14:30、17:00~20:00

【定休日】水曜日

【ホームページ】らーめん 八か 食べログ 

シェア

いいね

コンテンツへの感想