タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

「南武線 高架化」214億円の経費削減が可能に 開かずの踏切解消の目途立つか

和合大樹/Wago Taiki

なかはらPR編集長(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

※この記事は「なかはらPR」より転載しております。オリジナル記事が読みたい方はこちらからご覧下さい。

川崎市は11月24日、コロナ禍による財政難で再検討されていたJR南武線武蔵小杉駅~矢向駅間を高架化する「連続立体交差事業(連立事業)」についての方針を発表しました。

その内容とは、事業計画の方針を「仮線高架工法」から、事業費や期間を抑える事の出来る 「別線高架工法」での整備に変更して都市計画を進めるという物です。(工法については、わかりやすくこちらに記載)

※「連立事業」とは、武蔵小杉~矢向間4.9kmのうち約4.5kmを高架化し、踏切9カ所を解消する事業。

40年以上も問題となっている南武線の「開かずの踏切問題」について、この再検討結果を踏まえて解決の目途が立つ事に期待です。

具体的なスケジュールは、来年2月に公表されると言います。

経費削減!南武線高架化に関する検討内容

検討①現行計画(仮線高架工法)の事業計画の見直し

■コロナ前の総事業費:1,479億円(2015年度算出)
■現時点での総事業費:1,601億円(人件費・資材の高騰が原因で増額)
■事業期間:約21年(開かずの踏切解消は着手から11年目)

検討②高架橋を低くする案 (約12m→約8m)

■総事業費:1,551億円(現行計画よりも50億円減)
■事業期間:現行計画と同じ

検討③高架橋を低くし(約8m)、「別線高架工法」に変更する案

■総事業費:1,387億円(現行計画よりも214億円減)
■事業期間:約16年(開かずの踏切解消は着手から5年目)

この検討の結果、冒頭に記載した通り現行計画から③の「別線高架工法」での整備を行う方針に変更されました。

ただ、鹿島田駅(幸区)のペデストリアンデッキが高架化の支障になるなど、まだまだ課題はありそうです。

地元民としても、いち早くこの「開かずの踏切問題」を解決して欲しいなと思います。

参考:連続立体交差事業(JR南武線、京急大師線1期(2)区間)の検討結果及び今後の取組方針等についての資料

「なかはらPR」では、「川崎市中原区を再発見!」をコンセプトに、皆さんの生活に役立つ情報を分かりやすく発信しています。ぜひSNSのフォローよろしくお願い致します。

Twitter:なかはらPR@中原区で"ふらっと"したい時に見るメディア
Instagram:なかはらPR
公式サイト:なかはらPR|中原区で"ふらっと"したい時に見るメディア

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想