タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

こどもSDGsラボ大盛況!ママ×若者×地域の方々で楽しく子どもとSDGsを学んできました

和合大樹/Wago Taiki

なかはらPR編集長(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

本日は、武蔵小杉住宅展示場にて「こどもSDGsラボ」が開催されました!

このイベントは、「かわさきママのわ」というママさん団体が主体で運営しており、定期的に武蔵小杉や新百合ヶ丘、相模原などで開催しています。

子ども達が楽しくSDGsを学べるワークショップや、当日ふらっと参加しても楽しめるヨーヨー釣りなどが充実している為、親子連れに人気のイベントです。

ヨーヨー釣りの用意をする若者の様子
ヨーヨー釣りの用意をする若者の様子

イベントには、私もスタッフとしてお手伝いに参加。

SDGsとは関係ないですが、ヨーヨー釣りスーパーボールすくいブースで子ども達と楽しんでいました。笑

何と言っても今回の目玉は「やまめのつかみ取り」。

川崎の水源・山北から来た「やまめ」をつかみ取りするという斬新なワークショップです。

これには、子ども達も大興奮でやまめと触れ合っていました。

つかみ取りの様子
つかみ取りの様子

武蔵小杉でやまめと触れ合える事など無いですし、自然の恵みを頂いて私たちは生きているという事を認識できる良い体験になったのではないかと思います。

その他にも、楽器やアクアリウムを作るワークショップやマジックショーなど、子ども達が楽しみながらSDGsを学べる工夫が盛り沢山の一日でした。

地域のママさんや、「かわさき若者会議」のメンバー、専修大学のボランティアチーム、そして川崎市内(宮前区)の農家さん地域活動をしている方々など、みんな子ども達に楽しく体験して学んでほしいという想いが伝わってくるので、運営する側としても楽しい気持ちになります。

そして何より、自分達も学びになりますよね。

矢澤水耕農園(宮前区)の「そらとぶとまと」と専修大学の学生
矢澤水耕農園(宮前区)の「そらとぶとまと」と専修大学の学生

ちなみに、「子どもSDGsラボ」でも定番の矢澤水耕農園の「そらとぶとまと」を使った「そらとまカレー」も絶品!

生憎の雨の中でも、沢山の方が召し上がっていました。

次は秋に開催するそうなので、機会のある方はぜひ次回の「子どもSDGsラボ」に参加してみてはいかがでしょうか。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想