How to

保護猫『フワちゃん』を羊毛フェルトで制作! #11 フレームサイズについて

Wakuneco.|わくねこ羊毛フェルト

羊毛フェルト作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

【フェルティング・ビデオブログ】撮影協力 : ネコリパブリック 苅谷動物病院 キャットプラザ
#11_フレームサイズについて

こんにちは、『わくねこ』です。
私は、羊毛フェルトで猫を作っています。
作品のモデル猫は、保護猫の『フワちゃん(仮)』です。
今回は作品のフレームサイズについてお話ししようと思います。

私は、小ぶりながらも存在感のある作品にしたいという理想があったため、
これまで使ってきたフレームは12×12cmのものでした。

でも、もう少し大きいサイズのものを作って見たいと思っていたため、
フワちゃんはいつもより大きなフレームでの制作に挑戦しています。

いつもより大きいサイズに挑戦すると、形が捉えにくく、
なかなかうまくいきませんが、均衡のとれた顔にするために、辛抱強く歪みや狂いをなおしています。。

次回の動画も、フワちゃんの制作の様子をぜひチェックしてくださいね!
フォローやいいねで応援していただけると嬉しいです!

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.
フワちゃんの飼い主さんが決定しました。
今日もたくさんの猫たちが幸せな出会いを待っています。
-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

Wakuneco.|わくねこ羊毛フェルト
羊毛フェルト作家

猫の胸像を作り、YouTubeにて映像発信しています。
Yahoo!クリエイターズプログラムでは、短尺のハウツー動画、オーダー作品の制作動画、完成作品映像などをアップしています。
羊毛フェルトの作り方にご興味がある方へ、私の知っていること、発見したこと、お気に入りの道具と使いかたなどを発信していきたいと思います。

…続きを読む