How to

羊毛フェルト相談室 _#36「私も個性や特徴のある作風を持ちたいです。」わくねこQ&A

Wakuneco.|わくねこ羊毛フェルト

羊毛フェルト作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

羊毛フェルト相談室 _#36「私も個性や特徴のある作風を持ちたいです。」わくねこQ&A

「私は今、リアルな猫を作っているのですが、リアルな猫を販売している方はとても多くて、私よりもずっと前から作られている方には正直きっと技術が及ばないと思うのです。
リアル系だと個性も出しにくくて…
なので、リアルの中にキャラクターを併せ持ち、小物を持たせた猫を作ってみたのですが、それが買いたいという気持ちになるのかどうか、自信が持てません。
わくねこさんの枠に入った猫ちゃんの作品はとても可愛くて、私もなにかそんな個性を持ちたいなあと、正直、羨ましくも思います。
わくねこさんは、どのようにしていまの作品の形にたどり着いたのでしょうか?よろしければお聞かせください。」
というご質問です。

質問者さんは、リアルな作品を作りたいけど技術的にまだ自信がなく、自分らしい特徴を持ちたいと模索し始めた、という状況なのですね(^^)
その考えや試行錯誤、どれほど大変か 共感します。

全身の動物を実際の印象を目指してまるっと作ることは、作業的にとても多くの行程があるぶん大変ですが、
作風や自分らしい特徴を考えることなく進められるので、そういった意味では迷いがないのかもしれません。
しかし、質問者さんもおっしゃられているように、それだと技術力勝負のようになってくる面もあるかと思います。
だからといって、すぐに自分らしい特徴が見つかるかといえば、そうとは限らないのが難しいところですよね。

私も、フレームに入った猫を作ろうと決めてから、ありとあらゆるフレームや布を買い込み、
様々な構図やポーズを作りながら模索し、今の作風に着地するまでは1年間試作を重ねました。
質問者さんが工夫されたという”キャラクターよりの小物を持たせた猫”というものが、お写真を見ていないのでなんとも言えないのですが、
「自分だったら その作品がその値段で売られていたら買うのか?」
ということを一つの基準にしてみてください。
自ずとはっきり答えが見えてくると思います。
しっくりこないようであれば、ある程度の期間を決めて、とことん試作を重ねて作風を追求するのもいいと思います。

もし、あなただけの特徴に出会えることができたなら、あなたよりも”上手い人”以上に人々の印象に残ることが出来るかもしれないですよね(*^^*)
「自分らしい個性を持ちたい」というその素晴らしい気持ちを、どうか信じて進んでいってくださいね☆
心から応援しています。

+フォローで次回の動画もお楽しみに☆
BGM : peritune Gentle_Theme_Piano

=======================================
Wakuneco.|わくねこ羊毛フェルト
羊毛フェルト作家
https://creators.yahoo.co.jp/wakuneco

猫の胸像を作り、Yahoo!クリエイターズプログラムとYouTubeにて映像発信しています。
クリエイターズプログラムでは、ハウツーや、私の創作活動の裏側、またちょっとした日常の一場面を発信していきます。
フォローやいいね、応援メッセージなど、とても励みになっています。
猫好きな方、羊毛フェルトにチャレンジしたい方へ向けたコンテンツを作っていきますので、更新を楽しみにしていただけると嬉しいです。

…続きを読む

How toの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る