タイトル画像

おもしろ/ネタ

  • いいね

王様のデザートは16000本の糸。「龍の髭」ってどんなお菓子なの?

わんこそば

ASMRtist

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

(※撮影日は3月上旬のため、記事の内容と現在の営業時間など変更がある可能性があります。緊急事態宣言が出されている地域もありますので、不要不急の外出は控えましょう。)

最高級伝統茶菓子が味わえる「龍のひげ(クルタレ)」

大阪生野のコリアタウンにあるブライダルクムガン(チマチョゴリ屋さん)の前に小さなお店があります。

その中で一人、何かをくるくるしている…。

一体何をくるくるしているのだろうと見てみたら、その人の手の中には繭のようなものが。

それが今回ご紹介する「龍のひげ(韓国名クルタレ、1000円)」という韓国の伝統宮中料理の一つで長寿の食べ物として王様に食されていたとされる伝統茶菓子です。

外側の糸のようなものはなんと蜂蜜!!

蜂蜜が原料の飴を職人が16000本まで伸ばします。

絶えることなく何度も伸ばすことより『長寿、健康、幸福の願い』をかけているそうです。

黒ゴマ、松の実、カボチャの種、ピーナッツ、クルミ、アーモンドが包まれており、冷凍保存すると食感がサクッとします♪

一瞬サクッとした後、口の中で無数の糸がほどけ溶けていく…そして中のナッツ類の香ばしい味わいが広がり優しい甘みで満たしてくれます!

この不思議な韓国茶菓子、お土産にどうですか?

(通販でも様々なメーカーの龍の髭が購入可能です。)

ぜひ一度ご賞味ください。

ブライダルクムガン
住所:大阪市生野区桃谷4-8-2
電話:06-6712-3712
定休日:不明

シェア

いいね

コンテンツへの感想