How to

【和食の技術】初秋の吹き寄せ刺身盛り

和食の技術チャンネル

普通の和食調理師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

秋の刺身の盛り込みになります。

吹き寄せ盛りとは、本来夏が終わり紅葉シーズンに紅葉した落ち葉と風が吹いているイメージになります。

まだ初秋でしたので、青竹と、青い柿の葉を使い、上に紅葉した柿の葉を飾りました。

刺身はヤマメ(養殖物)を使用

あとは秋鮭の重ね 秋のアオリイカ カンパチ

飾りで

紅葉灯篭大根

人参もみじ 黄色人参イチョウ 風車 などを使いました。

自然のものには虫や汚れが付着している可能性がありますので良く洗い 拭いてからご使用ください。

ふきよせ【吹き寄せ】

①煮物や揚げ物を何種類も彩りよく盛り合わせた料理。秋の料理として季節の野菜・ぎんなん・きのこ・ゆばなどを用いて作ることが多い。
②干菓子を何種類も取り合わせたもの。関東では、小さなせんべいや昆布などを、関西では、色づいた木の葉などをかたどった落雁(らくがん)・雲平(うんぺい)・有平糖(アルヘイとう)などを取り合わせたものをいうことが多い。◆さまざまな木の葉が風でひとところに吹き寄せられるさまに見立てていう

…続きを読む