How to

【和食の技術】 かんたんに出来る見た目マグロの赤パプリカ寿司

和食の技術チャンネル

普通の和食調理師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は赤パプリカでの寿司の作り方になります。
マグロと見間違えるほど赤が綺麗でその上美味しいです。
是非ご家庭でもお試しください

①生のパプリカを直火で良く焼きます

②氷水に落とし表面の焦げた皮を落とします

③良くふきあげ つけ地(味醂1 濃い口しょうゆ1)に10分漬けこみます

④握る寸前に地からあげて軽くふきあげて握ります

パプリカで寿司
昔からあるやり方です。
思い出して作ってみました。
魚嫌いな方ぜひどーぞ!!

パプリカ(洪: paprika)はナス科の多年草であるトウガラシ属トウガラシの栽培品種。または香辛料のこと。カラーピーマンの一種であり、日本では肉厚で辛みが無く甘いCapsicum annuum 'grossum'の品種を呼ぶ。日本で流通する果実の多くは赤色や黄色、橙色であるが、紫色、茶色などの品種もある。また着色料(パプリカ色素)としても使われる。

利用・生産
パプリカの品種をつくり育てたのはハンガリーで、現在も一大産地として知られる。ハンガリー料理にパプリカは欠かせない存在で、シチュー料理グヤーシュをはじめ、数多くの料理に用いられ、かつては国をあげてパプリカを生産保護していた程であった。アメリカでの主な産地はカリフォルニア州とテキサス州。その他の主な生産国として、ブルガリア・スペインなどがある[1]。日本国内でも、2006年以降には熊本県、2010年以降には茨城県、広島県、宮城県、山形県などで生産されている。

日本の主要な輸入元は韓国・オランダ・ニュージーランドなど[3]。日本ではかつてはオランダからのパプリカの輸入が多かったが、「2010年から日本市場の過半を占めている」というように、近年はオランダの種子と施設を導入した韓国産が増えている。

スペインではほぼ全域でパプリカが使われるが、ソーセージに肉と一緒に混ぜる用途が多い(チョリソ)。他にはそのまま一切加熱せずに別の食材とあわせることもあれば、スープや煮込みの具として使ったり、乾燥させて粉末状にしたパプリカパウダーや、ペースト状にしたものを利用する場合もある。パプリカの種類は、辛口のピカンテ(picante)と、辛くなくむしろ甘みのあるドゥルセ(dulce)に大別される。

香辛料
香辛料としてのパプリカは、果肉を粉末状にしたものであり辛味のあるものもある。日本で野菜として流通しているパプリカとは別品種で日本では辛味のないタイプが一般的。唐辛子にも似た独特の風味を持つが、味や風味が穏やかなため、大量に投入しても料理の味を損なわないと言われる。鮮やかな赤色で、黒く焦がさない限りは調理しても赤みを保つため、料理を彩る色彩としても用いられる。

名称
パプリカは、コロンブスによってヨーロッパへ持ち帰られた。この時、当時のヨーロッパで胡椒が珍重されていたことから、"pepper"(胡椒および唐辛子の意味)の名が付けられた[要出典]。

果実の呼び名は国毎に異なり、「胡椒」(black pepper) と「唐辛子」(chili pepper) のどちらかで呼ばれている。イギリスでは単純に "pepper" 及び、その色合いに合わせて "red pepper" や "green pepper" だが、イギリス連邦では "capsicum"(唐辛子)と呼んでいる。アメリカ合衆国では果実と品種を "bell pepper" と呼んでいるが、その色合いに合わせて "red pepper" や "green pepper" などの呼び名も通じる。ロシアではブルガリアの胡椒を意味する "болгарский перец" (bolgarskiy perets)。スペインでは「ピメントン」(西: Pimentón)。フランスは例外でピーマンと一括りにされ「ポワヴロン」(仏: "poivron")と呼ばれている[要出典]。

この果実から作られる香辛料は「パプリカ」(paprika)と呼ばれる。これは、唐辛子全般を指すクロアチア語由来のハンガリー語が転用された呼び名である。日本では品種も果実も香辛料も全てパプリカと呼ばれている。

…続きを読む