How to

鰻丼に見えてしまう茄子で作る茄子丼の作り方

和食の技術チャンネル

普通の和食調理師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

まかないですww
これはこれでおいしいです♪

皮を剥いた茄子をレンジ強で2分

竹串で開き焼く(フライパンでもできます)

金糸卵用意 

少し気合い入れて作るまかない茄子丼をご家庭で!
照り焼きタレ
醤油 味醂 酒 同割 +生姜
お好みで水あめや蜂蜜など、、

特に難しくはないです。安い形の悪い茄子で構いません。

※コツ レンジで2分
    焦げない程度まで良く焼く
    フライパンでも構いません。
金糸卵の固さ、金糸卵量はお好みで調節してください。

茄子の原産地はインドの東部が有力です。その後、ビルマを経由して中国へ渡ったと考えられています。中国で茄もしくは茄子の名で広く栽培され、日本でも1000年以上に渡り、栽培されています。温帯では一年生植物でありますが、熱帯では多年生植物となります。

平城京の長屋王邸宅跡から出土した木簡『進物 加須津毛瓜 加須津韓奈須比』記述が、高位の者への進物にナスの粕漬けが使われていたことが判明しました。正倉院文書には「天平六年(734年)茄子十一斛、直一貫三百五十六文」をはじめとして多数「茄子」記述がみられます。これらのことから、日本では奈良時代すでにナスの栽培が行われていたことがわかります。

実の味から「中酸実」(なかすみ)が語源とされる。夏に実がなるので「夏実」(なつみ)と読んだ。それが訛って「なすび」(奈須比)と呼ばれたとする一例も。室町時代頃に宮廷の女官が女房言葉として「おなす」と呼び、その呼称が定着した。元は貴重な野菜であった、江戸時代頃から広く栽培されるようになりまして、以降日本人にとってなじみのある庶民的な野菜。葉とヘタには棘があり、葉には毛が生えています。

世界の各地で独自の品種が育てられています。賀茂茄子の一部、例外もありますが、日本においては南方ほど長実または大長実で、北方ほど小実品種となります。本州の中間地は中間的な中長品種が栽培。寒い地域では栽培期間が短く大きな実を収穫する事が難しい、冬季の保存食として小さい実のほうが漬物に加工しやすいから。食文化の均一化や新しい品種の登場により野菜炒め焼き茄子、色々な料理に利用しやすい中長品種が全国的に流通しています。日本で栽培される栽培品種のほとんどが果皮が紫色又は黒紫色であります。ヨーロッパやアメリカ等では白・黄緑色・明るい紫、縞模様の品種も栽培される。果肉は密度が低くスポンジ状です。ヘタの部分には鋭いトゲが生えている場合があります。新鮮な物ほど鋭く、鮮度を見分ける方法の一つとなりますが、触った際にトゲが刺さり怪我をすることがあります。収穫の作業性向上や実に傷がつくという理由から棘の無い品種も開発されています。

品種によって様々な食べ方があります。栄養的にはそれほど見るべきものはない、東洋医学では体温を下げる効果があるとされています。和漢三才図会ではヘタにしゃっくり止めの効果があるとされる。俗信の域を出ない。皮の色素ナスニンは抗酸化作用があるアントシアニンの一種です。

「赤ナス」のような観賞用として生け花などにも利用されているもの(熊本県などで「赤ナス」の商品名で栽培されている食用の品種とは別物、また赤茄子はトマトを表す)などもある。赤ナスは食用のナスの台木としても用いられる(観賞用の赤ナスは味などにおいて食用には適さないとされる)。
    

…続きを読む