How to

【和食の技術】 無花果で作る前菜2種 天麩羅と胡麻クリーム鞍掛け

和食の技術チャンネル

普通の和食調理師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は今の時期良く見ることのできる無花果です。

剥き方は包丁ですべて剥くやり方と
そのまま剥くやり方があります。

天麩羅はそのまま揚げるだけですが、表面が固まればすぐあげた方が美味しいです。

胡麻クリームはゴマ缶ベースに煮切り味醂と煮切り酒で濃度を調節し、砂糖で当たりを付けてください。

●イチジクという名前の由来
 その名は、中国での名前「映日果(エイジツカ)」がなまってイチジクとなったという説と、一日一個ずつ熟すから、または一ヶ月で熟すから、「一熟」と名がついたという説があります。また、「無花果」とも書きますが、実際には花が咲かないわけではありません。先の説明にある通り、実の中に無数の白い花を咲かせるのですが、外から見えず、花が咲かないように見えるからです。
●イチジクのおもな品種
 国内で流通しているイチジクの約8割は「桝井ドーフィン(ますいドーフィン)」という品種です。その他「蓬莱柿(ほうらいし)」や「とよみつひめ」、「ビオレ・ソリエス」など。

 近年、バナーネやキング、コナドリアなど海外の白イチジク品種の栽培も増えてきてます。

 営農栽培され市場に流通している主なもの以外にも、家庭菜園用にさまざまな品種が出回っています。海外も含めるとイチジクの品種はおびただしい数があります。海外のサイトですが、参考にごらんになるときっと驚かれますよ。

●全国のイチジク生産量ランキングトップ4
 平成21年の全国の生産量総数は14,957トンで、そのうち約18%を愛知県が生産しています。上位4県で全国の約半分を生産して言う事になります。

●福岡のブランドイチジク とよみつひめ
 2006年に品種登録された甘い高糖度のイチジク。

■イチジクの収穫時期と食べ頃の旬
●夏果と秋果
 イチジクには、初夏から夏にかけて実がなるものと、秋に実がなるもの、そして初夏と秋両方に実がなるものがあります。

●イチジクの旬は夏から秋 
 一般的な露地物のイチジクの収穫期は長く、夏の8月頃から10月頃まで。夏果の物は6月~7月となります。

…続きを読む