How to

  • いいね

大きな青物(カンパチ)の魚の皮を引くプロの方法2種類

和食の技術チャンネル

普通の和食調理師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回はプロ目線での皮を引く際の簡単なコツ、やり方のご紹介です。
正解とか間違えとかではなく、あくまでも簡単に引きやすいような解説になっています。ご理解ください。
右利き用 和包丁片刃でのやり方になります。

※なるべく失敗しないコツ
 縁側を取る(そのままだと包丁に引っかかる。)取らなくてもよいが取った方がやりやすい
 細く切る(包丁に当たる面積が減るため上手くいきやすい。)

皮引き方法(片刃包丁) 
 皮を上下にしながら引く
 包丁を使い右手の力で切ってやる

今回背身で行いましたが、
店によりせみに銀皮付けないところもあります。
ご理解ください。

切れる包丁で行った方が確実にやりやすいです。切れる包丁だと皮まで切ってしまう。とよく聞きますが、
単に包丁を入れる角度の問題です。
また、まな板も大切になります。いくら切れる包丁でもまな板が曲がっていると上手く皮を引くことができません。

ぜひ大きな青物の魚が手に入った際にはやられてみてください。
(鯛 カンパチ ハマチ ヒラメ カレイ)などで同じように出来ます。 

シェア

いいね

コンテンツへの感想