How to

  • いいね

秋の食材 栗の渋皮煮の作り方

和食の技術チャンネル

普通の和食調理師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

秋になりました。作ったことがある方は、手間暇がわかると思います。
時間と手間暇をかけて今年挑戦してみませんか?

①鬼皮を剥いた栗を準備(水に3時間ほど漬けておくとあくが多少抜ける)
②2リットルの水に重曹大さじ2を入れ コトコト10分
 (渋皮を柔らかくする)
③水にさらし大まかな筋を取り除く
 
④再度火にかけ(水のみ)重曹の匂いを抜く 沸騰して10分

⑤水にさらし竹串と指を使い黒い皮の部分を取る

⑥味を入れていく(栗1キロに対して砂糖700g+少量の塩)
 15分おきに200g入れていき最終的に1時間コトコト火にかける

〇初め砂糖200g 15分
〇さらに砂糖200g 15分
〇さらに砂糖200g 15分
〇少量の塩 15分
※煮崩れしないように火は弱火でコトコト

※きちんと保管すれば(良く冷まし消毒した瓶に空気が入らないように)
正月(おせち料理)まで使えます。

煮沸消毒などが面倒な場合は1週間ほどで食べきってください。

※水あめやはちみつ、リキュールなどを入れる場合もあり。
今回は栗1キロ+砂糖700gですが、甘さ控えめな場合砂糖を500gほどに、
また逆に日持ちさせたい場合は砂糖を増やしてください。
出来るだけ黒くないほうが好きと言う方は
出来上がりに再度新しい蜜に漬け込んでください

シェア

いいね

コンテンツへの感想