How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

春先に庭の蕗を採集して調理 0円食材

和食の技術チャンネル

普通の和食調理師

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

色々な和食の飾り切りや、下処理動画など、過去動画で上げていますので是非ご覧ください。

① 蕗(春の出始め)の物を採集する。

②取ってきた蕗を 上下包丁で切る(あくなどが回っていたりするため)

③まな板の上に並べ、上から塩をかけする。板づり 青味を出すため(今回はきゃらぶきなので意味はない) 産毛などの削除

④そのまま5分ほど放置してしんなりさせる。多少あくもぬける。

⑤沸騰したお湯にそのまま入れ、1分ほど茹でる。

⑥氷水又は冷たい水の中に入れ冷ます。

⑦大きな根の部分を利き手の爪などを使い5センチほどバナナの皮剥きの要領で剥き、束にして一気に引く。つるんと取れます。

⑧適当な大きさに切る。(市販の蕗の場合、水でさらす時間を長くすることでえぐみやアクがある程度抜けます。)

⑨蕗をふきあげ、鍋に入れ、合わせ調味料 水なしで、水分がほぼなくなるまで詰めていく。

 醤油 1
 酒  1
 砂糖 0.5
 味醂 0.5
 鷹の爪 少々

出来上がりです。
取ってすぐはあくが少ないため、美味しく食べられます。日陰などの蕗は、皮が日向の物よりも柔らかいので、皮を剥かずにやる方法もあります。
冬以外ほぼ生えている野蕗ですが、今の春が一番おいしいので、ぜひ挑戦してみてください。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想


How toの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る