タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【富士宮市】また行きたくなる名物おばちゃん!『いつものところ』は今日も子供たちの笑い声が絶えません!

渡辺雅来

地域情報発信ライター・執筆家(富士宮市・御殿場市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

富士根南小学校・中学校、富士宮東高校の卒業生なら一度は行ったことがあるのではないでしょうか?
私が学生時代には、お店の半分に商品の駄菓子が並んでおり、その半分が鉄板焼きのスペースとなっていました。
格安でお腹いっぱい食べさせてくれる憩いの場で部活帰りに良くお世話になっていた通称『もんところ』に久し振りに立ち寄ってみました。

道沿いには『やきそば』の看板があります。
道沿いには『やきそば』の看板があります。

お店に着くと、『ゾンビガム』と『フランケンガム』(どうやら噛んでいると口の中が紫や青くなるらしいです)を口に含んだ小学生の子供たちとおばちゃんの賑やかな笑い声が響いていました。

昔は吉永小百合似だった?!名物おばちゃん!
昔は吉永小百合似だった?!名物おばちゃん!

相変わらず、元気なおばちゃん。
お好み焼きや焼きそばなどの鉄板ものは辞めてしまったようですが、『爆弾おにぎり』はまだ販売しているそうで、『記事に書いていいかなぁ?』と尋ねると、『爆弾作ってるなんて書かれたら、警察が来ちゃうよ』と楽しいおばちゃん節は変わっていません。
爆弾おにぎりは120円と、学生にはやっぱりありがたい価格です。

手書きの貼紙。テープではってあるのが『もんところ』らしい!
手書きの貼紙。テープではってあるのが『もんところ』らしい!

金欠でも『もんところ』にくればお腹いっぱい食べられた、おばちゃんの善意に今更ながら感謝して胸が熱くなりました。
昔から変わらない無造作に並べられた駄菓子も、懐かしさを感じます。
その懐かしい中に、見たことのない新しい駄菓子も交じっていたりして、好きなものをカゴに入れておぼちゃんに渡します。

昔から何も変わってない!
昔から何も変わってない!

この感じが懐かしい!
この感じが懐かしい!

駄菓子の値段を全ておぼえているおばちゃん。袋に入れながら全部の合計が計算で来ていて、レジには合計を入力して消費税が足されるだけ。昔から『それ、意味あるの?』ってレジを指差してつい聞いてしまうのがくせになっています。

今日のおやつ。
今日のおやつ。

焼きそばやお好み焼きが食べられなくなってしまったのは残念ですが、懐かしいおばちゃんの面白いトークを聞くだけで、元気を分けてもらえます。
家に帰り『もんところ』で買った駄菓子を頬張りながら、この記事を書いています。
書き終わったら、久し振りに学生時代の友達に連絡してみようかなぁなんて思いながら…

いつものところ
住所:富士宮市小泉1172-8
TEL:0544-25-1515
営業時間:不明
定休日:水曜日
おすすめ:おばちゃんのトーク

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想