タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【富士宮市】崖面から幾筋もの白い糸を垂らしたように流れ落ちる『白糸の滝』は息を飲む美しさ!

渡辺雅来

地域情報発信ライター・執筆家(富士宮市・御殿場市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

崖面が露出している溶岩流の間から幾筋もの水が湧き出し、滝になっている『白糸の滝』。
国指定の名勝及び天然記念物として『白糸ノ滝』周辺地が指定されています。そのため滝そのものを示す場合は『白糸の滝』と表記して、指定地全体を示す場合は『白糸ノ滝』と表記して区別しているそうです。

白糸ノ滝周辺地図(案内所前)
白糸ノ滝周辺地図(案内所前)

『白糸の滝』は富士講の開祖『長谷川各行』が修行を行った地として富士講を中心とした人々の巡礼・修行の場となりました。
また源頼朝が『この上にいかなる姫やおはすらん おだまき流す白糸の滝(白糸の滝は優しく高貴な姫君が 細い指先から絹の糸をたらしたようだ)』と滝の美しさを和歌で詠んだと伝承されています。

案内所の『源頼朝 巻狩りの地 富士宮』特設ブース
案内所の『源頼朝 巻狩りの地 富士宮』特設ブース

源頼朝に所縁のある『白糸の滝観光案内所』にはNHK大河ドラマ『鎌倉の13人』の特設ブースが設けられていました。

その他の観光案内パンフレット
その他の観光案内パンフレット

他にも周辺の観光案内パンフレットが並んでいます。

昔は狭い遊歩道でしたが、綺麗に整備されました。
昔は狭い遊歩道でしたが、綺麗に整備されました。

遊歩道は途中まで綺麗に整備され、カフェやお土産屋さんなどが並んでいました。
『白糸の滝』の案内表示に従って進むと、階段になる手前には車椅子の方用の展望台があります。

車椅子用展望台(車椅子は案内所で無料で借りることが出来ます)
車椅子用展望台(車椅子は案内所で無料で借りることが出来ます)

少し遠いですがここから滝の全貌を眺められますので、足が不自由な方や、階段が苦手な方も白糸の滝を目の当たりにできます。

車椅子用展望台から。
車椅子用展望台から。

階段を下りて、案内通りに進むと、滝つぼのすぐ近くまで行くことが出来ます。

それほど長くないですが、急な階段です。
それほど長くないですが、急な階段です。

白糸の滝のガイド看板があり、その後ろには『食行身禄』と記された碑があります。これは富士講の信者が建てた石碑だそうです。

目の前に滝つぼが!!
目の前に滝つぼが!!

説明の看板
説明の看板

看板の右後ろには富士講が建てた碑がありました。
看板の右後ろには富士講が建てた碑がありました。

滝つぼからは、来た道を戻らずに『展望台』の案内に沿って進みます。今度は階段を登って行きます。

展望台案内
展望台案内

階段を登り切ると、富士山が見える展望台があります。

展望台の前の案内看板
展望台の前の案内看板

この展望台は、富士山と『白糸の滝』が一緒に撮影できるポイントとして、フォトグラファーの方々に人気のスポットです。
秋には、白糸の滝と富士山、紅葉を一枚に撮影することが出来るそうです。

私が撮影した1枚。
私が撮影した1枚。

この他にも『白糸ノ滝』周辺地には、源頼朝のまつわる伝説が数多く残されていますので、『源頼朝巻狩の地』巡りをしてみても楽しめると思います。
余談になりますが、私が大好きなアーティストが滝に打たれているPVがあるのですが、ここ『白糸の滝』で撮影されたらしいです。そんなことに思いを馳せ、ここに来るとつい、『太陽の破片』を口ずさんでいる自分がいます。

白糸の滝:富士宮市上井出273-1
アクセス:大月線(県道414号)を北に向かい、大きな松の木がある上井出の信号を真直ぐ。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想