タイトル画像

[香川県・直島]島全体がアート!?1泊2日の旅行でアート体験

山中海輝

プロサーファー/映像クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

先日島全体がアートスペースとなっている直島に一泊二日で行ってきました。

”島全体がアートスペース”ってどう言うこと?って思われた方も多いのではないでしょうか?

そう、この直島は島全体のあちこちに有名なアーティストがデザインしたアートが飾られており、

街を歩いているだけでアートを感じられます。

例えば、直島の玄関である「宮浦港」フェリー乗り場近くには、、、

草間彌生『赤かぼちゃ』
草間彌生『赤かぼちゃ』

赤かぼちゃがあったり、

その赤かぼちゃの近くには

藤本壮介 『直島パヴィリオン』
藤本壮介 『直島パヴィリオン』

そんな幻想的なアートがあらゆるところでお楽しみいただけます。

そして直島には三つの美術館があり、、、

一つは「李禹煥美術館」。

韓国で生まれ、日本で芸術活動を展開する李禹煥(リウファン)氏のアートが展示されています。

今回時間の関係で行くことはできなかったのですが調べたところ、この美術館は作品数こそ少ないものの、壮大なテーマをつきつけてくれるみたい。

きわめてシンプルな作品を、墨、鉄、絵画、彫刻、さまざまな素材・表現で作り上げ、存在感を示した作品が中心らしいです!

二つ目は「ベネッセハウスミュージアム」

ここも今回行かず。というのもこの美術館は宿泊施設と併設していて簡単にいうと”泊まれる美術館”なんです。

一般で入場可能なのですが宿泊者しか入れないエリアもあるみたいなのでせっかくなら泊まれる時に泊まってこの美術館を堪能したいと思ったので今回はパス。

でも写真を見る限り壮大で絶対に一度は見るべきアートだと思ったのでリベンジしに行きます!

三つ目は「地中美術館」。

今回行ってきた美術館です。

名前の通り自然の美しさをの残しその景観を失わないようにと地中に作られています。

建築したのは安藤忠雄氏。

美術館内は入り口の庭園以外は撮影不可なので僕としては逆に思い存分にアートを楽しむことができました。

作品を見ずとも建物自体が最高のアートなのでその空間を歩いているだけで特別な気持ちにさせてくれます。

美術館に行かずともアートを感じられ直島を楽しむことはできますがせっかくなので以上の3つの美術館もぜひ行ってみて欲しいです!

僕もまた近いうちにゆっくり直島を訪れようと思います。

池中美術館オフィシャルサイト

https://benesse-artsite.jp/art/chichu.html

シェア

いいね

コンテンツへの感想