タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

冬のサーフィンライフをより快適に!ウェットスーツの種類と選び方

山中海輝

プロサーファー/映像クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

前回の記事でお話しした通り、サーフィンは1年中できるスポーツですが、そのために必ず必要なものが2点あります。

まず1つ目が、サーフボード!!

これは当たり前ですよね!乗るものが無ければ、乗れるものも乗れませんから!

そして2つ目が、ウェットスーツです!!

夏は、海パンを履いて上半身は裸でも大丈夫ですが、冬となるとそうはいきません、、、

今回は、サーフィンをするうえで必ず必要なウェットスーツの種類、使用時期などをお話しします。

ウェットスーツっていつからいつまで着るの?

ざっくり説明すると、10月から6月頃まで必要なんです。

実に1年12ヶ月の内、約9ヶ月間がウェットスーツ必要時期に!!

海パン+上半身裸はわずか3ヶ月だけ、、、

(上記は関西エリアでの話ですが、多少の誤差はあっても日本では1年の半分以上がウェットスーツ必要期間です)

ただウェットスーツと言っても、種類は様々あり時期ごとに形、生地などが変化します。

使用時期の長いウェットスーツはどんなの?

1年を通してサーフィンをする中で、最も使用する期間が長いのは

長袖、長ズボンの【フルスーツ】

と呼ばれる下記のものです。

このフルスーツにも、大きく分けると2種類あります。

1つは、表裏がともにジャージ素材のフルスーツで

俗に言うジャーフルと呼ばれるもの。

ジャーフルに関しては、全体の厚みが2ミリ、3ミリのものがあり、自身が主にサーフィンをする場所の水温などを考慮し選びます。

(日焼けが嫌な女性などは、夏に1.5ミリのジャーフルを着ていたりもします)

使用期間として10月から12月、4月から6月頃までは多くの方がジャーフルを着用しています。

そしてもう1つは、セミドライスーツと呼ばれるフルスーツです。

セミドライスーツはジャーフルと違い、上半身3ミリ×下半身5ミリと生地の厚みが変わり、さらに身体に直接触れており裏地が起毛素材になっていて、保温性に優れ真冬のサーフィンを快適に過ごさせてくれます!!

セミドライスーツは1月から3月の1番水温が下がっている海に入るためのスーツなので、上半身より下半身の生地が厚くなっています。

前回の記事でもお話しした通り、海水の温度は1ヶ月遅れなので、12月、1月よりも2月、3月の方が冷たいので寒く感じてしまいます。

以上が冬のシーズンに着用するウェットスーツですが、まだまだ種類がたくさんあるので続きは次回に!!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。