タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

これで迷わない!リーシュコードの長さ、太さの選び方!

山中海輝

プロサーファー/映像クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回はリーシュコードの重要性を知っていただくために、リーシュコードの選び方をわかりやすく解説していきます!!

リーシュコードの正しい知識があってこそ楽しく安全なサーフィンライフを送ることができますし、さらにサーフィンのパフォーマンスの向上にも繋がります

一括りにリーシュコードと言っても、長さや太さも変わってきます

自分が使用しているボードに対して適切な長さなのか?

波のサイズに対して適切な太さなのか?

これらの疑問がこの記事できっと解消されるでしょう!!

リーシュコードの長さはどうやって選べば良い?

まずリーシュコードの長さの種類としては、大体1フィート刻みで5〜12フィートのものがあります!

長さの選び方としては基本的には、使用するサーフボードの長さに合わせます。

目安としてはサーフボードの長さ+0~1フィートのもので考えてください。

例えば、ショートボードで5フィート半ば~ 6フィート半ばまでの長さなら6フィートのリーシュを選び、

ファンボードと呼ばれる長さ7フィート前後のボードだと7フィートのリーシュコード、

ロングボードで8フィート半ば~ 9フィート半ばまでなら9フィートのリーシュを使うのが適切です。

注意して頂きたいのは、リーシュコードがボードより短いと、転倒した際に体からサーフボードが離れきらず、自分の身体にボードがぶつかってしまう可能性があるということ、、、

逆にショートボードに8フィートなど適切でない長さのリーシュコードを付けてしまうと、転倒した際予想以上にボードが離れてしまい他のサーファーの方にぶつかってしまう危険性があります!!

また、長いリーシュコードは海での抵抗が大きくなるので、やはりショートボードなどには向いていません。

リーシュコードの太さはどうやって選べば良い?

基本的にリーシュコードの太さとしては、5〜7ミリ、8〜11ミリのリーシュが展開されています。

細い物はSMALL WAVEもしくはCOMP、太い物はMEDIUM WAVEもしくはALL ROUND(REGULAR)などと表記されています。

COMPとはCOMPETITIONの略で、サーフィンコンテストに出場している選手などから愛用されています。

理由としては、リーシュコードが細いと当然水の抵抗が少なくなり、パフォーマンスがしやすくなるからです!

日本の波だと、ヒザ~頭サイズくらいまでならSMALL WAVEで十分に対応可能できるかと思います。

もし上記以上の大波に挑むようなら8〜11ミリの太さのリーシュコードを用意すべきでしょう、、、

しかし波のサイズに関わらず、リーシュコードがよく引っかかってしまうリーフなどの海底の状況が悪い場所では、SMALL WAVEではなくMIDIUM WAVEの太さを使用した方がいいと思います。

以上でリーシュコードの太さの選び方についての解説は終了です!!

次回はサーフィンをより快適に、そして安全に楽しめる様にリーシュコードの部位別の名称、そしてメンテナンス方法をご紹介いたします!!

購入はこちらから

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想