タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

サーフィン初心者が高確率で見逃す!意外と知らないリーシュロックの重要性とその付け方を解説!

山中海輝

プロサーファー/映像クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

リーシュロックとは、サーフボードとリーシュコードを接合する紐の名称です。

紐といってもただの紐ではなく、ハサミやカッターなどを用いないと切れないくらいに頑丈な紐(あるいは特殊素材を使用した生地)で、よっぽどの事がない限り切れたりはしません。

※リーシュロックを選ぶ時は、リーシュカップよりリーシュロックのサイズが大きくならない様に気をつけてください!

リーシュロックの付け方

リーシュロックはリーシュカップに通して付けます。

ここでよく間違ってしまうのがこの様な通し方です。

この様に通してしまうと大きな負荷がかかった時に、リーシュロック自体がテールにめり込みクラッシュにつながります、、、

正しくはこちらの通し方です!

こうする事で、大きな負荷がかかったとしても、リーシュコードのテールセーバー部分がクッションになるのでテールを守ります!!

リーシュロックのメンテナンス方法

海から上がったらリーシュロックも真水で洗い、潮と砂を落としてください!

その際にわざわざリーシュカップから外す必要はありません!

お手入れはそれぐらいで十分です。

一度つけるとリーシュロックはそのまま放置しがちですが、あくまで消耗品です!

目安としては、2,3年に一度は付け替えましょう!(当然日頃から状態を確認し、切れ目が入っていたりした場合は即座にかえる様に、、)

最後に、、、

リーシュロックにも、いろいろな種類があります。

価格帯で言うと大体、300円前後で特別高いものではありません。

一番手軽なのは、リーシュコードを買った時に付属品としてついている黒い紐のようリーシュロックです。

シンプルな物より、おしゃれなリーシュロックが欲しいならサーフショップなどに探しにいきましょう!!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想