タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

フィンのフレックス性(柔軟性)とは!?

山中海輝

プロサーファー/映像クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は、フィン選びで重要な指標であるフレックス性についての解説です!!

フレックス性とは、フィン自体のしなり(柔軟性)のことを差します。

そしてフィンの硬さと高さがフレックス性に影響し、フィンの性能を大きく左右することとなります。

柔らかいフィンは、フレックス性が高い。

逆に硬いフィンはフレックス性が低いと覚えてください!

では、フレックス性の高い低いでどんな違いがあるのかご説明します!

フレックス性が低い(フィンのデプスが低い)

硬くてフレックス性の低いフィンは、テイクオフ後ハイスピード時のコントロール性、バランス性に優れており、さらにスピード性、ドライブ性を高めると言われていて、より敏感に反応しクイックなターンに繋がるとされています!

波へのホールド力にも優れていて、パワフルなリーフブレイクなどの硬いフェイスでのサーフィンに向いています。

フレックス性が高い(フィンのデプスが高い)

フレックス性の高いフィンは、パワーのない波でのコントロール性と回転性を高めてくれ、フィンのフレックス性(しなり)を利用し、エネルギーを維持させるターンに繋がります!

フレックスが高いフィンはビーチブレイクなど、柔らかいフェイスと変化の激しい波でのサーフィンにも向いていて、パワーのない波で能力を大きく感じる事ができます!

フィンのモデルによってフレックス性はさまざまで、選び方によってはターンが簡単になったり、ボードがクイックな動きをする様になったりもします!

地形、波質、さまざまなコンディションで色んなフィンを試し、その中から自分に最も合ったフィンを探すのもサーフィン上達においての大事な鍵となります!!

そしてフィンの各部位の形、フレックス性も大事ですがフィンに使用されている素材自体もサーフィンに影響します!

素材にもグラスフレックスや、ネオグラスパフォーマンスコアパフォーマンスコアカーボンパフォーマンスグラスなど多くの種類があり、それぞれに特性があります!!

次回の記事では、そんなフィンの素材について詳しく解説していきます!!!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。