ショートフィルム

イチロー現役最後の日 15年前mixiで繋がった3人のイチローファン物語 #dearICHIRO

山崎エマ

ドキュメンタリーフィルムメーカー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2019年3月21日、イチロー選手が現役を引退した。

あの日、私は球場にいた。イチローファンとして生きてきた18年。「あなたがいたから、今の自分がある。ありがとう」とボードに思いを綴って観客席に立った。試合が開始してからの引退報道は、覚悟していたとはいえ、気持ちがついていかない。動画に残る自分の表情に驚いた。東京ドームでは全国から集まった人々が最後の雄姿を目に焼き付けていた。その場にいたのは様々な世代の、様々な人生を歩んできた人々。その表情はみな、「イチローを見届ける」という誇りに溢れている気がした。その日、私と同じような気持ちで試合を見つめた3人のイチローファンに出会った。

15年前からmixiのイチローコミュニティーページで繋がり、イチロー最後の試合を一緒に見届けたももさん、マイケルさん、ヒカルさん3人のイチローファンの物語をまずは動画で見てほしい。

「もう宗教みたいな感じかもしれない。自分の中に一本、『こういう時にどうするか』に『イチローだったらこうするよね』はある、確実に」と翻訳家のももさん。

「コツコツを重ねるイチローがサラリーマンに近いと感じた。イチローが打つから僕も頑張ろうと思った」と会社員のマイケルさん。

「ベテランゆえの悩みがよく分かる。腐らない、そして自分の立場を受け入れる姿に影響を受けてきた」とデザイナーのヒカルさん。

試合後、ファンはもう一度イチロー選手に会いたいと願い、20分以上帰らなかった。イチローさんはそのことについて引退会見で、こう語った。「今日のあの球場での出来事、あんなもの見せられたら、後悔などあろうはずがありません。」その言葉がどれだけ嬉しかったか。

ももさんは言う。「私たちは出てきてくれると思って待ってたんじゃなくて、伝えたくて待ってたんだと、私は思っていて。ファンって一人一人のストーリーがあってイチローに対する応援の気持ちを持ってるんだけど、イチローからみんなは一対多の関係だから。その空間があったことだけでも、どれだけ自分が想われているか受け取ってくれる人だと思って…あそこにいた」

3月31日に放送されたNHKスペシャルで放送された引退後のイチローさんのインタビュー。「どうしてあんなことしてくれたんだろうって…今も考えていますよね」と話す場面があった。

イチローさんに伝えたい!そんな考えこまなくても、その答えはファン一人ひとりが語れるんです。個々の人生にあなたから計り知れない影響をもらい、感謝の気持ちを伝えたかったのです。

平成のヒーロー、イチローの、ファン物語。次回に続きます。

――――

イチローさんに思いを伝えるみなさんの『私とイチローの物語』を募集します。

ハッシュタグ #dearICHIRO とつけて、動画・文章、どんな形でも良いのでSNSに投稿してください!

私と直接繋がってくださる方・質問等はこちらまで:

dear_ichiro@yahoo.co.jp

#dearICHIRO 思いを、届けよう

…続きを読む

ショートフィルムの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る