ショートフィルム

熱烈イチローファンの妻とその旦那 我慢の裏にある愛の物語 #dearICHIRO

山崎エマ

ドキュメンタリーフィルムメーカー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

〜イチローファン物語 第4弾〜

「私は鈴木一朗っていう人間が好きなんです。野球選手じゃなくてもきっとファンになったと思いますね。」そう語るのは千葉県銚子市で旅行代理店を営む萩原政枝さん。車のナンバーはもちろん51。仕事場は壁から机まですべてイチローグッズで埋め尽くされてる。2007年に旅行会社の会社員から独立。「お客さんなんていなかったですね、最初は。本当に苦しい日々で、どうしてこんなことを始めたのか自問自答。不安で憂鬱な日々でした。」

イチロー選手がメジャーリーグに挑戦した時、「国を代表して行くんだから、日本人として、それは応援しないといけない」と感じた萩原さんは、いつかシアトルのセーフコ・フィールドに行って応援したいと願っていた。が、目の前の営業で手一杯の毎日。「1年続けられたら3年頑張ろう。3年続けられたら5年」と言い聞かせ、ようやくたどり着いた独立から5周年。ご褒美に、やっと念願のシアトルを訪れることができた。

今年春、自身も廃業して引退するかどうか悩んだ萩原さん。だが、「5年後にイチロー選手が野球殿堂入りするとき、必ずアメリカ・クーパーズタウンでその姿を見たい」と奮起し、それまで仕事を続けることを決意。

異業種の萩原夫婦。農業を営む旦那の博さんはなんと萩原さんが旅行業を始めた時に、初めてアテンドしたお客さんだった。アメリカにイチロー選手を見に行くことが独立5周年の初訪問以来、毎年の恒例行事になっても、「ダメだ」と言われたことはないそう。博さんは奥さんのイチロー選手に対する溢れる愛情をどう思っているのか。

「僕も(イチローさんを)尊敬してます。2人でそこまでハマってしまうとどうしようもないので」と冷静な博さん。「もうイチローのことを考えてると私のことは頭にないんで。見えるところは必ずイチローのポスターだったりカレンダーだったり…我慢しています」と告白。「えっ、我慢してるの?」と驚く萩原さん。だが、流れている空気は愛に包まれていた。

「今年もシアトル行くのね」と笑う博さんの眼差しが、夕暮れ掛かる空のように優しく、私は2人を見ながらずっと微笑んでることに気がついた。博さんは結婚後も萩原さんに「農業を手伝ってくれ」と言ったことが一度もない。突っ込み合い、尊重し合い、「お互い好きなことやってるんで」と言って笑える関係。そこには深い愛情と、夫婦の強さがあった。これからも全力で仕事を続ける萩原さんの支えは、イチロー選手への思い以上に、旦那さんの存在にあるのだと確信した。

こんなほっこり話もイチローさんに届け!
平成のヒーロー、イチローの、ファン物語。次回に続きます。

――――

イチローさんに思いを伝えるみなさんの『私とイチローの物語』を募集します。

ハッシュタグ #dearICHIRO とつけて、動画・文章、どんな形でも良いのでSNSに投稿してください!

私と直接繋がってくださる方・問い合わせ等はこちらまで:

dear_ichiro@yahoo.co.jp

#dearICHIRO 思いを、届けよう

…続きを読む