おもしろ/ネタ

  • いいね

『嘘電話』がバレた瞬間の人、マジで悲惨すぎ/やしろあずき作品集

やしろあずき

web漫画家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

やしろあずき

元ゲームプランナー/web漫画家/ライター/株式会社グランツアセット(おたくのやどかり)執行役員/株式会社wwwaap執行役員/livedoor公式ブロガー(月間1800万PV突破!)「スタバで出会った小学生の話」で年間RT数4位を獲得。動画投稿サービスvineでも再生数世界一位を記録する。書籍化多数。寿司と焼肉が好き。神奈川県出身。

やしろあずきの日常:
http://yashiroazuki.blog.jp/

タグ:
#漫画家
#web漫画
#イラスト
#4コマ
#お笑い
=====
会社時代、面倒な状況になると電話を取り出して
「ハイハイハーーイいやぁマジっすかはいはいはーーい」
明らかに「電話をしているフリ」をすることでその場から離れようとする人がいた
サボりの達人やしろから見ても明らかに嘘電話だったのだが・・・
「はいはいはい・・・・・・いやぁーはい、はい!!」
「マジっすかはいはい、はいィ・・・」
「はいはいはーーい!!いやぁ突然ですね・・・!!わかりましたぁ」

「はぁ・・・また急用で帰るんだろ」
「8割、嘘っぽいけど言いづらいよなぁ・・・」

「でははい・・・早急にィ・・・!!」
「わかりました、はい!!じゃあそれで・・・はい!!」
「はい〜!!」
『ただ今の時刻は』
『午後、7時53分です』

こいつやった
これは痛恨のミスだ 偽装電話中着信が来てバレるというリスクを抑えるために
時報にかけるのは正解だが
間違えてスピーカーモードにしてしまうとは完全な誤算だろう
どう切り抜けるんだお前ッ

「あー・・・えっと・・・」
「なんか・・・時報の・・・モノマネが上手い友達で?」
『午後、7時54分です』
「素直に謝れや」

シェア

いいね

コンテンツへの感想