タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【神戸市灘区】香取慎吾さま! 心を震わせた、横尾忠則ワールド。神戸では、いつでも鑑賞可能ですよ♪

よんたん

地域ニュースサイト号外NETライター(神戸市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

東京都現代美術館で開催されていた、横尾忠則の展覧会GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?」に訪れた様子を香取慎吾さんが、Instagramにアップされていました♪

あまりの迫力に胸がちぎれるかと思った
ちぎれず僕も描きたいと思った
ちぎれなくてよかった

香取慎吾さま

ご存じでしょうか? 神戸市灘区には「横尾忠則現代美術館」という常設美術館がございます。現在、「横尾忠則の恐怖の館」を開催しております。

ちなみに美術館の向かいには、神戸市立王子動物園、ジャイアントパンダの「タンタン」がいます。神戸市の繁華街、三宮からもすぐの場所です。

来館を心よりお待ちしております(≧▽≦)

って…。私、どの目線(笑)

横尾忠則現代美術館」で、開催中の「横尾忠則の恐怖の館」を見てきましたので、一部ご紹介させていただきますね♪

横尾忠則の恐怖の館」は予約優先制になっています。

事前にメールから申込んでおくと入館がスムーズです。

横尾忠則の恐怖の館

会期:2021年9月18日(土)〜2022年2月27日(日)
開館時間:10時〜18時
※入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日・年末年始(12/31・1/1)
※ただし、月曜日が祝日の場合は開館。翌平日休館
観覧料:一般700円/大学生550円/70歳以上350円/高校生以下無料

今回は、「横尾忠則の恐怖の館」!エレベーターから血糊の演出が…Σ( ̄□ ̄|||)

そして、館内、ほとんどの場所が撮影OK!という太っ腹!

横尾忠則ワールドの開幕です!

迫力ある画像の数々。何度来ても、4階の目玉廊下に来るころには、作品の熱量に、ヘトヘトです(笑)

最後は、神戸文学館を一望できる、展望フロアー。

こちらの外観が変貌していました…。

キュミラズム・トゥ・アオタニ
横尾さんが命名したこの空間は、建築家の武松幸治さんの監修でつくられました。「キュミラズム」は「キュビズム」と「ミラー」を組み合わせた造語で、窓外に広がる摩耶山麓の風景が不定形なミラーに反映し、まるで万華鏡のような異空間を生み出しています。

最後まで、横尾ワールド全開の美術館。まだ、未体験の方、いかがでしょうか?

【美術館情報】
横尾忠則現代美術館
神戸市灘区原田通3丁目8−30

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想