タイトル画像

【神戸市中央区】コンプリートは至難、ルミナリエ代替イベント&南京町のランタンフェアを見てきました♪

よんたん

地域ニュースサイト号外NETライター(神戸市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2021年ミナリエ代替イベントロソーネ まちなかミュージアム」を見に行ってきました♪

「ロソーネ まちなかミュージアム」概要

イベント期間:2021年12月3日(金)~12月12日(日)
点灯時間:日没頃~21時頃迄

神戸ルミナリエのメイン作品として旧居留地の仲町通を彩るアーチ型作品「ガレリア」。多くの方々が1995年を思い起こし、そして未来に想いをはせつつ見上げて歩くその先にいつも“ロソーネ”がありました。ロソーネはイタリア語で“バラ窓”を意味し、まさに明るく輝く未来からの灯りが射し込む希望のシンボルです。
2022年の神戸ルミナリエの再開を祈念し、過去の神戸ルミナリエを彩ってきた作品から輝ける希望の象徴として、“ロソーネ”9基を市内7か所に飾ります。

ロソーネ及びパネル等 展示場所
神戸朝日ビル、神戸ポートミュージアム南側緑地、三宮センター街、南京町、東遊園地、元町通1丁目(HITODE交差点)、メリケンパーク

パネル等展示場所
三宮中央通り、北野町広場、「元町商店街(元町1番街商店街インフォメーション)」

展示場所の中で、北野町広場・神戸ポートミュージアム南側緑地の2カ所は、少し離れているので、コンプリートしたい方は、初めから、回る順番を決めてから訪れた方が良さそうです。

「ロソーネ まちなかミュージアム」見てきました♪

まずは、定番メリケンパークへ。

裏表どちらかでも撮影可能です。

「ロソーネ」の実物と展示された当時の写真のパネル。パネルには、その年の重大ニュースなどが記載されていました。

大丸百貨店前の元町1丁目 HITODE 交差点のロソーネ

大丸百貨店メリケンロードからだと、ロソーネが見えないように囲いがされています。

五叉路交差点のココで、全方向から撮影出来ると立ち止まる人が出ることを憂慮して幕を張ったんでしょうね。

正面からだけ、見えます。

三宮センター街のロソーネは、アーケードの上に設置されています。

密にならずに、どこからでも撮影できる良い場所ですね。

周遊マップも設置されています。

東遊園地へ。ここの展示は、やはり1995年のもの。

ココでだけは趣が違い、雨の中、手を合わせている年配の女性の姿が…。

鎮魂の意を込めた「送り火」として「ルミナリエ」は、始まったんですよね。震災当時の灯りがついただけで歓声があがり、嬉しかった当時を思い出しました。

南京町ランタンフェア

期間:2021年12月3日(金)~2022年1月10日(月祝)
点灯時間:16時頃~22時頃

期間の前半は、神戸市の「ロソーネまちなかミュージアム」の一つとして「ロソーネ」を展示。

南京町の消灯時間は、ロソーネまちなかミュージアムよりも1時間遅い22時まで。

赤の提灯が綺麗な、フォトジェニックなスポットになっています。

そして、あずまやの前に南京町のロソーネが設置されています。

屋台も復活していて、食べ歩きも出来ます。

豚饅頭で有名な、老祥記の前には、かなり長い列ができていました。いつもの日常に戻って来た感じです。

ロソーネまちなかミュージアムは、2021年12月12日迄。南京町ランタンフェアは、2022年1月10日迄開催です。お買い物帰りにでも立ち寄ってみませんか?

【イベント情報】
ロソーネ まちなかミュージアム(外部:公式HP)
南京町ランタンフェア(外部:公式HP)

シェア

いいね

コンテンツへの感想