タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【神戸市東灘区】1992年スタート「阪神電鉄本線連続立体交差事業」仕上げの道路が一部開通してました。

よんたん

地域ニュースサイト号外NETライター(神戸市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

1992年3月から始まった、阪神電鉄本線連続立体交差事業

すでに、阪神電車神戸線遮断機は全て撤去されて、現在は、阪神電車高架の北側の道路建設の真っ最中です。

深江から青木に向かう途中で、すでに一部道路が完成しているのを発見! ご紹介します。

現在の起点は、青木幹線阪神電車山側、西行きの一方通行の道です。

西に向かって歩いていると、一台の車が…。ヤマト運輸さんでした。さすが、道を熟知されていますね。

と、いっても距離にして300m程度。

あっという間に、既存の道を通る事にはなりますが…。

道路工事看板には、2022年5月13日迄。あと数か月で、直進出来る道路が長くなりそうです。ちなみに、「阪神沿北側線」が、この道路名のようです。

こちらは、阪神青木駅前。

2022年2月、この写真の左側高架下に「東灘警察署 青木駅前交番」が新築移転されます。

魚崎駅近くの、阪神沿北側線の側道についての貼り紙。

主要部分を大きくしてみます。

道路幅、10m(歩道5m・車道5m)立派な道路が出来るようです。

阪神電鉄本線連続立体交差事業の事業完了予定は、2023年3月。平成・令和と30年も続いた事業もいよいよ大詰めです。

阪神電鉄本線連続立体交差事業
阪神電鉄本線連続立体交差事業(平面図)

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想