How to

母の日で頂いたカーネーションをもっと長く楽しむコンテナガーデン〜嬉しさを倍増に!

寄せ植えチャンネル

寄せ植えデザイナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は、コンテナガーデンの基本「高低差デザイン」で簡単に植える方法です。

初めて植え込む場合でも、根を簡単に崩せる方法をお伝えしています。

母の日にせっかく頂いたカーネーションの鉢花も、庭で余っている容器があったら、広い鉢に植えるとより長持ちします。

もちろん、鉢を購入しても作れるように大きさも表示しています。
目安にしてみてください。

苗選びのポイントは、草丈の高さは、カーネーションが埋もれないように、カーネーションより高いグループと低いグループに分けて、大きい苗ばかりにならないようにします。

また、低い苗を選んでも、横に広がる植物が多いと、蒸れてしまうので、カラーリーフや成長の遅い植物も入れて、ペチュニアなど成長旺盛な花を使うときは量に気をつけましょう。

ぜひ、ご参考にしてみてください。

【使用した花材】
*カーネーション(5号鉢) …1株
*デルフィニウム … 2株
*インカビレア … 1株
*ガザニア … 1株
*ブラキカム …1株
*ラミウム …1株

【その他資材】
*プラスチック製プランター
 口径(内)約30cm × 高さ 約15cm
*培養土…5〜8リットル
*軽石…容器の深さの1/5(1リットル)

【植え方】
1、軽石を容器の深さの1/5程度を目安に入れます。
2、培養土を入れます。
3、ウォータースペース(容器の縁より1cm低く植えます)を確認します。
4、根をもみほぐして植えます。
 ・苗をたくさん入れるためだけでなく、新しい土になじみやすくなるので、
  根をほぐすと成長が早くなります。
※株分けできる苗は、株分けするとボリュームアップできます。
5、根と根の間に培養土を入れて仕上げます。

【今回のポイント】
*これからの時期は、蒸れないようにプランターの外に傾けて、なるべく苗と苗の隙間を広げて植えます。

ご参考になると嬉しいです。

…続きを読む