How to

外で楽しむクリスマスリース!【基本〜ワンランクアップ】のデザインが簡単に作る方法

寄せ植えチャンネル

寄せ植えデザイナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は、
クリスマスのリースをガーデニング専用の容器で作る方法です。

初めは、【基本デザイン】として
3種類の苗を1セットとして組み合わせ、
2セット用意する選び方をご紹介します。

植え方は、
基本なので、土を簡単に落として植える方法です。
6株植え終わったら、応用デザインの最後にある
「培養土を入れる」「水ゴケを入れる」という作業をして
完成になります!

【応用デザイン】は、
「株分けして植えやすい苗」をご紹介しています。
基本デザインに1種類ずつ小花やカラーリーフを追加して
徐々に増やしているので、
真似できる部分を選んでいただければと思います。

★容器のセッティングで使用しているビニールは、
外側にだけ貼り、根の乾燥防止です。
ヤシだけですと風通しが良すぎてしまい、枯れる原因になるので
育てやすくするためにもビニールで保護します。

良かったら、ご参考にしてみてください。

【今回の材料】
<基本デザイン>
 ガーデンシクラメン…2株
 お好みのハボタン…2株
 チェッカーベリー…2株

 ※シクラメンをご購入の注意点は、ミニシクラメンは寒さに弱いので
  「寒さに強い」と表示されているかを良くご確認下さい。

<応用デザイン>
 シロタエギク(ダスティーミラー)…2株
 ハボタン(フリル入り・白)…1株
 ミニバラ”グリーンアイス”…1株
 ハツユキカズラ…1株

<他材料>
 ガーデニング用リースバスケット
 サイズ(直径約28.5cm × 深さ 約29.5cm)
 ポリ袋などの大きめビニール袋…カットして用意
 水ごけ(乾燥から水で戻す)…2握りくらい
 花ごころ 花ちゃん培養土…約4〜5リットル
 ※苗の数が少ないとたくさん入るので、5リットルはご用意ください。

…続きを読む