タイトル画像

【藤沢市】和と洋を感じる「もんぶらん餅」が話題! 価格も優しい老舗和菓子屋のすすめ。

yosshii

地域ニュースサイト号外NETライター(藤沢市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2021年9月9日放送の「じゅん散歩」で藤沢が紹介されてました。散歩コースは、遊行寺橋から遊行通りへ。知っている風景がテレビに映ると不思議と高揚感がありますね。番組内で高田純次さんが立ち寄った、老舗和菓子屋 近江堂を紹介します。

近江堂は、藤沢駅北口すぐ、遊行通り入り口にあります。明治28年創業の老舗和菓子屋で、現在は5代目が継いでいます。素材にこだわり、手づくり、昔ながらの製法で作られる和菓子は、普段のおやつにはもちろん、お土産としても人気があります。

店内には和菓子がいっぱい。

奥にあるショーケースを眺めます。

美味しそうな和菓子の中に、もんぶらん餅という聞いたことのない商品が!

じゅん散歩で高田純次さんが食べていた一品です。

冷凍された状態で販売されています。常温に15分ほど戻すと食べごろだそうです。

白くて可愛いらしいルックス。半分に切りました。中には、

イタリア栗ペーストに白あん、生クリーム、ラム酒などを混ぜた、 モンブランクリーム餡が入っています。とろける食感です。求肥が柔らかくて優しい。和と洋が融合しています!

他にも、近江堂にはおすすめがいっぱい。ふじさわ観光名産品に3品も選ばれているんです。

藤澤ゆべし、藤の里、片瀬です。

ここまで紹介しておいて…なのですが、お店の方に「近江堂のおすすめは?」と聞いたところ「どら焼きです」とご回答いただきました。

店頭でも紹介していました。

というわけで、もんぶらん餅・ふじさわ観光名産品の3品・どら焼きを購入。実際にいただきました。

もんぶらん餅:上記参照

藤澤ゆべし:クルミと白胡麻が使われています。もちっとした食感、甘じょっぱさを感じます。ごまの香りがいい! 甘いものが苦手な方にもいいかも。

藤の里:ゆずあんを挟んだカステラ焼。外側はサクシャリといった食感、ゆずあんが香り爽やかです。藤沢市の花「藤」をイメージした和菓子だそうです。

片瀬:バターを効かせたアーモンド生地で白あんを包んだ焼きまんじゅう。アーモンドが香ばしくアクセントになっています。片瀬海岸の波間から顔を出す岩場を表現しているそうです。

どら焼き:粒あんと求肥が入っています。皮がふんわり、全体の甘さがちょうどいいです。求肥もあって満足感も高め。

どれも美味しく、甲乙つけがたいのですが…。個人的には、藤澤ゆべしどら焼きが好みでした。家族は、藤の里を気に入っていました。

近江堂の和菓子は、お土産として購入される方も多いそうです。

お赤飯や慶弔用饅頭も取り扱っています。

ふるさと納税のお礼品にもなっています。(さとふるHP

私が滞在中、常連さんがいらして「テレビ見たわよ!また有名になっちゃって」と話していました。そして、みたらし団子を注文していました。ただ、みたらし団子は売り切れ。お団子も人気商品、午前中に買い求めた方がいいそうです。

こだわりの和菓子ですが価格はお手頃。お店の前を通ると、つい寄ってしまう方もいるそうです。ちょっと一息つくときに、和菓子をおともにしてみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】
近江堂
神奈川県藤沢市藤沢561
電話:0466-23-0600
営業時間:9:00〜18:00
定休日:日曜日
Instagram

シェア

いいね

コンテンツへの感想