タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【藤沢市】駄菓子屋と金魚屋がひとつに。地域と子どもと障がい者、みんなが繋がる温かい居場所がオープン!

yosshii

地域ニュースサイト号外NETライター(藤沢市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ここは駄菓子屋か?

金魚屋か?

やってきたのは、長後駅東口から徒歩3分ほどのところにある、駄菓子屋長後インテリアグリーンAQUAが併設されている、就労継続支援B型事業所 すいかのたね

お店は奥まったところにあるので、通りから見える旗を目印にしてください。

駄菓子と金魚・めだか。新しい不思議な組み合わせですよね。

これらを運営するのは、動物の保護活動やシェアカフェなど10以上の事業を展開する「NPO法人ことりのおうち」です。理事長の高見さんにお話を伺いましたよ!

まず、冒頭の駄菓子屋か? 金魚屋か? の回答を。
どっちも正解なんですね、笑。

駄菓子屋長後は、2022年4月1日にオープンしました。インテリアグリーンAQUAは別の場所(藤沢市高倉:現在の場所から徒歩1分圏内)で営業していたのですが、こちらに移転したそうです。

入り口すぐ右に駄菓子が並びます。グミやラムネ、スナック菓子など50種類以上!!

駄菓子って大人でもワクワクしますよね! 懐かしいものから最新の商品までズラリ。
ちょっとしたおもちゃや、

あてくじもあります。

ポップコーンは作ってくれるそう! ブタメンもお湯を入れてくれますよ。

外には観葉植物や苗、

メダカと水草の水槽があります。

店内には、金魚や熱帯魚の水槽が並んでいます。

餌やグッズなども取り扱ってますよ!

市内で路面の金魚屋さんは見かけなくなりましたので、こちらは貴重なお店だと思います。

学校が終わる時間になると、子どもたちが集まってきて、店頭のテーブルで買った駄菓子などを食べたり、ゲーム等で遊んでいるそうです。地域の子どもたちの居場所になっているんですね!

集まるのは子どもたちだけではありません。
取材した日も、店頭に並んだお花や水草を求め、近所の方々がやってきて、お店の前で会話を楽しんでいました。ここが皆さんの交流の場になっているのでしょう。とても穏やかで温かい光景でした。

ところで「金魚と駄菓子、どうして1つに?」という疑問。聞いてみましたよ! 帰ってきた答えは「子どもって金魚好きでしょ?」笑。

もちろんそれだけではありません! インテリアグリーンAQUAは、移転したことでスペースが広くなったそうです。
また、先にも記載しましたが、こちらは就労継続支援B型事業所となっていて、障がいのある方が働く場にもなっています。いろいろな方がいるので、コミュニケーションをとるのが好きな方は駄菓子の販売を、動物等が好きな方はそのお世話など、得意とする分野で活動してもらえたら…と、考えたそうです。

さらに、障害のある方は地域の方や子どもたちと関わるきっかけの場に、地域の方や子どもたちには障害のある方との生活が当たり前に感じられるように、分け隔てなく、老若男女みんなの「居場所」になってほしいと、NPO法人ことりのおうちの理事長 高見さんは、その想いを語ります。

地域との交流ができるイベントも開催・企画しています。現在は、毎月第2・第4日曜日にボードゲームイベント「ボドツナ」を開催していますよ。

今後も、様々なイベントを企画しているそうです!

「人間も動物も、みんなが安心して暮らせる社会を目指して。」

さまざまな地域活性を目的とした事業に取り組む、NPO法人ことりのおうち。ことりのふれあいカフェやこども食堂、小動物の保護活動なども取材し、順次記事にできたらと思います。

※就労継続支援B型事業所「すいかのたね」では、随時見学も受け付けています。お気軽にご相談ください。

【事業および店舗情報】
就労継続支援B型事業所 すいかのたね
・駄菓子屋長後
・インテリアグリーンAQUA
神奈川県藤沢市高倉650-38
電話:080-3428-8792(代表連絡先:高見)
営業時間:月~金10:30~17:00,土日祝11:30~16:00
※就労継続支援B型事業所 すいかのたね 10:00~16:00 土日祝お休み
ホームページInstagram

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想