タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【藤沢市】動物たちの殺処分を防ぐために…鳥類や小動物を保護して、新しい家族に命を繋ぐレスキュー施設。

yosshii

地域ニュースサイト号外NETライター(藤沢市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

みなさんは保護動物について、どう思われているでしょうか?

犬や猫の譲渡会等に行ったことがあるという方や、里親になっている方もいらっしゃるかもしれません。
実は私も元保護犬と暮らしています。そのこともあり、保護活動等には関心がありますし、応援したい! と思っています。

さて今回は、保護された動物たちの命を繋ぐ、バードアニマルレスキューを取材させていただきましたので、紹介します。

バードアニマルレスキューは、NPO法人ことりのおうちが運営しています。以前にも事業の一部である、駄菓子屋長後とインテリアグリーンAQUA、そして、就労継続支援B型事業所「すいかのたね」を記事にしていますので、あわせてお読みください。

バードアニマルレスキューでは、動物たちの殺処分を防ぐために、保護活動里親探しをしています。理事長の高見さんに案内していただきました。

長後駅東口から徒歩1〜2分のところにある、こちらの建物。

この中に、保護された動物たちがいます。

バードアニマルレスキューには、保健所や警察、諸事情で飼えなくなった一般家庭、ブリーダー等から、年間200羽(匹)以上の動物たちが持ち込まれるそうです。

犬や猫の保護団体等は多くあるけれど、鳥類や小動物などを引き取っているのは、県内ではここだけと、高見さんがおっしゃっていました。

取材時に1番多かったのは、セキセイインコです。

そのほか、文鳥やオカメインコ、オウム、十姉妹などもいました。

ハムスターやウサギなどの小動物も。

カメも複数いました。

可愛がっていたけれど、飼い主の体調不良や、昨今ではコロナ禍による収入減で一緒に暮らすことができなくなってしまい、泣く泣く手放す方もいるそうです。また、多頭飼育崩壊も少なくないとのことでした。

保護された動物たちは、障がいや何かしらの病気を抱えていることも多いそうです。そんな動物たちも「同じ命として扱ってほしい」「しあわせになってもらいたい」「1羽(匹)でも多く、新しい家族に繋げたい!」と、おっしゃっていました。

里親について

バードアニマルレスキューでは、里親を募っています。また、里親になる方には募金費用をいただいていることをご理解ください。
これは、ショップより安いからという理由での里親希望の防止・転売防止・虐待防止のため、そして保護活動維持のためだそうです。

里親制度についての詳細は Facebookページ に投稿されていますので、ご一読ください。

募集状況は、SNS または 電話にてご確認ください。保護動物との対面は13時以降となっていて、事前予約が必要です。

「人間も動物も、みんなが安心して暮らせる社会を目指して。」

保護された動物のお世話は、ボランティアの方と共にしています。その中にはバスに乗って通ってくれる小学生もいるそう。熱心に餌やりやゲージのお掃除もしてくれるので、本当に助かっているとおっしゃっていました。

小さな命を繋いでくださる方(里親)、ボランティアでお世話を手伝ってくださる方などいらっしゃいましたら、NPO法人ことりのおうちまでお問合せください。

【施設情報】
バードアニマルレスキュー
神奈川県藤沢市高倉641-5
お問合せ
・電話:080-3428-8792(代表連絡先:高見)
メールフォーム
ホームページTwitterInstagramFacebook

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想