タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

“ドロー”と“フェード”はココを意識すれば打ち分けられる!大江香織プロが教える球筋の打ち分け方!

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のUUUMGOLFのレッスン動画より「アドレスの構え方によるドローとフェードの打ち分け方」を紹介する。

ドローボールの構え方

「ドローボールを打つ時は、右に体重を残して頭の位置も少し右に置くことをお勧めする」と大江プロは話す。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

こうすることでクラブがインサイド軌道から入りやすくなり、ドローボールがより簡単に打てるそうだ。

フェードボールの構え方

「フェードボールを打つ時は、左に体重を残してキープしたまま打つことをお勧めする」と大江プロは話す。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

こうすることで、クラブが上からカット軌道に入りやすく、フェードボールがより打ちやすくなるそうだ。

まとめ

大江プロのレッスンは、アドレスの体重配分で球筋を打ち分けるという非常に分かりやすいものであった。

体重配分としては、それぞれ多くかける方に7割ほど置くと良いと大江プロは説明している。

なお筆者はドライバーで球筋を打ち分ける時は、大江プロのレッスンの内容に加え以下のことを意識している。

ぜひこちらも視聴して合わせて参考にしてみてほしい。

※参考動画(YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-)

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想