タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【危険】この構え方をするとアイアンが絶対に真っ直ぐ飛びません!レッスンプロが教える正しい構え方

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

筆者も出演した以下のUUUMGOLFのレッスン動画より「アマチュアに多い間違ったアドレスと正しいアドレスの作り方」を紹介する。

「アマチュアゴルファーは、膝が前に出てお尻が落ちた間違ったアドレスになっている人が多い」と内藤雄士プロは話す。

この構え方だと腕の運動量と体の回転量の同調が難しく、ショットが曲がる原因になってしまうそうだ。

間違ったアドレス (画像提供:UUUM GOLF)
間違ったアドレス (画像提供:UUUM GOLF)

このような構え方を防ぐ、正しいアドレスの作り方の手順は以下の通りだ。

1.肩を前に出すように前傾を作る

まず初めに肩を前に出すようにしながら前傾角度を作る。

1番最初の段階で前傾角度を作るということが覚えておきたいポイントだ。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

2.前傾角度を作ってから膝を曲げる

1で前傾角度を作った後に、軽く膝を曲げるようにする。

最初に膝を曲げてしまうと、お尻の落ちた間違えたアドレスになってしまうので注意が必要だ。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

まとめ

筆者は元々アドレスを作る時に、まず初めに膝を曲げていたことが間違ったアドレスにつながっていたそうだ。

以下の動画では「正しいアドレスの作り方」を内藤雄士プロがさらに詳細に解説してくれている。

ぜひこちらの動画も合わせて視聴して参考にしてほしい。

※参考動画(YouTube:UUUM GOLF)

〜筆者情報〜
ゴルフを愛するクリエイター
下記リンクでゴルフ動画配信中
YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-
Instagram:@aki_0420
LINE:@aki_0420

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想