タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【キャンプ】はじめてのファミリーキャンプ 初心者に最適なキャンプ場の選び方まとめ

C.C STYLEチャンネル

ファミリーキャンパー、キャンプ愛好家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

キャンプを始めるためにキャンプ道具は一式揃った!
あとはキャンプ場を予約するだけ!
と思ったけど、、、
・キャンプ場ってどうやって選べばいいの?
・初めてのキャンプ場選びで失敗したくない!
このようなキャンプ初心者の悩みにお答えします。

と言う事で今回のテーマは!!

はじめてのファミリーキャンプ 初心者に最適なキャンプ場の選び方まとめ

キャンプ完全初心者の方でもわかるように、キャンプ場の基本についてまとめていますので
キャンプ場選びの参考にしてください。
自分に合ったキャンプ場を選んで、楽しいファミリーキャンプの想い出を作りましょう!

因みに私はファミリーキャンプ歴4年目。
キャンプ経験ゼロからスタートし、沢山の失敗をしてきましたがそれが良い経験となり沢山の学びを得ました。
キャンプでの失敗は悪い事ではなく、失敗をしても笑えるほど面白いのがキャンプです。
しかし、慣れないうちは不安なので失敗はなるべくしたくないですよね。
この記事を読めばキャンプ場の選び方は把握できると思いますので、是非最後までご覧ください。

もくじ

キャンプ場の選び方について、以下の5つの順で紹介をしていきます。
この内容が把握できていれば、初心者に最適なキャンプ場を選ぶ事ができると思います。

・キャンプ場には種類がある
・初心者におすすめのサイト
・地面の種類にも注目
・水回りは女性目線で選ぶ
・まとめ

キャンプ場には種類がある

○×オートキャンプ場。○×キャンプ場。
同じキャンプ場でも少し違いますね。この違いは何かわかりますか?

<オートキャンプ場>
車をキャンプサイトの中まで乗り入れる事ができる。

<キャンプ場>
車はキャンプサイトとは別の駐車場へ停めておく。
(キャンプサイトへの乗り入れはできない)

このような違いがあります。
初心者におすすめなのは"オートキャンプ場"です。
その理由は、車をキャンプサイトの中まで乗り入れる事ができるため、設営や撤収の際は車への荷物の積み下ろしがとても楽にできます。
キャンプに慣れていない時の設営・撤収は想像以上に時間が掛かりとても大変です。
少しでも楽なオートキャンプ場を選ぶようにしましょう。

初心者におすすめのサイト

"サイト"と言う言葉。
初めて聞く方もいると思いますので簡単に説明しますと、サイトは、敷地・場所と言う意味で、キャンプ場で"サイト"と言う場合はテントを張るスペースの事を言います。
このサイトにもいくつか種類があります。

<区画サイト>
ロープや植栽などで広さや形が区切られているのが特徴です。
キャンプ場によりサイトの広さが違うため、予約の際にキャンプ場ホームページの"サイトマップ"などでサイトの広さ、形を確認する必要があります。

<フリーサイト>
自分の好きな場所に、好きな広さでテントを張る事ができるのが特徴です。
区画サイトのように区切りがない分、初心者にとってはサイト設営が少し難しいです。
混雑時に必要以上に広くスペースを確保する事はマナー違反なので注意が必要です。

<電源サイト>
サイトに電源が備え付けられているのが特徴です。
電源サイトの多くは区画サイトである事が多く、「区画サイトの電源サイト」と言ったりします。
電源の無いサイトに比べて、サイト使用料が高くなっているのが一般的です。
電気毛布や扇風機を使いたいと言う方には電源サイトがおすすめ。

このような種類があります。
初心者におすすめなのは区画サイトです。
その理由は、サイトの広さや形が明確に区切られているため、サイトの設営がしやすい。
はじめてのキャンプではサイトのどこにテントを張るか、タープを張るかがわからないと言う問題に直面します。
そう言った時、区画サイトであれば、出来るサイトレイアウトはある程度限られていますので、わからなくなったらお隣のキャンパーさんをお手本に設営をしてみましょう。

地面の種類にも注目

キャンプ場によって、地面も様々な種類があります。
「えっ!? 地面まで気にするの?」
と驚くかもしれませんが、キャンプでの地面は大切ですよ!
もしも突然雨が降ってきたとき、地面の種類によって快適性やテントやその他のキャンプ道具の汚れ具合も変わり、自宅に帰ってからのキャンプ道具の片付けの大変さに差が出ます。
キャンプ場の地面の種類はこんな感じです。

<砂利>
ゴツゴツして痛いが寝るときはキャンプマットがあれば問題無い。
雨の時は水はけが良く、キャンプ道具も汚れずらい。

<砂>
砂利のようなゴツゴツ感は無く比較的快適。
雨の時は水はけが良く、キャンプ道具も汚れずらい。

<土>
地面は比較的柔らかいが、雨の時は水はけが悪い場合が多い。
キャンプ道具は汚れやすく帰宅後の掃除が大変。

<芝生>
地面は柔らかく、土の状況にもよるが雨の時は水はけが比較的良い。
キャンプ道具も汚れずらい。
ファミリーキャンプでは小さな子供が転んでも痛くないので安心。

大きく分けると4種類の地面に分けられます。
晴れている時はどのような地面でもいいですが、地面が土の場合はキャンプ道具を地べたに置くと汚れやすいため、出来れば避けたい所かも知れません・・・
ファミリーキャンプで小さな子供がいる場合は芝生であれば安心できますが、人気なキャンプ場の場合が多く予約が難しかったりもします…
予約する際は、いくつかキャンプ場の候補を考えておくようにしましょう。

水回りは女性目線で選ぶ

キャンプが楽しかったか? そうでなかったか?
男性の場合はあまり気にしないと言う方が多いかもしれませんが、女性目線で考えると水回りはとても重要なポイントでキャンプの楽しさ、快適性にも繋がります。
トイレやシャワールーム、炊事場がもしも"ワイルド"な場合。
「次回のキャンプは行かなくていいかな。。。」
とキャンプが敬遠されると言う事があります。

キャンプ場を選ぶ時には、行きたいキャンプ場が決まったらキャンプ場のホームページで「施設案内」を確認してみたり、YouTubeで行きたいキャンプ場のキャンプ場紹介の動画を探してみるなど、入念にリサーチをしてみてください。
そして、ファミリーキャンプの場合は特に奥さんや子供の意見をしっかり聞き、家族全員が快適に過ごせるようなキャンプ場を選ぶ事をおすすめします。

「高規格キャンプ場」であれば施設がとても綺麗で、ホテルのようなキャンプ場もあります。
キャンプ場のトイレやシャワールーム、水回りが不安と言う方は高規格キャンプ場を探してみるといいです。

ただし、とても人気で予約困難と言う事と、料金も通常のキャンプ場より高く設定されていると言うデメリットがあります。
高規格キャンプ場を予約するなら早めの計画をおすすめします!

まとめ

はじめてのファミリーキャンプへ行くときのキャンプ場の選び方をまとめると

・オートキャンプ場
・区画サイト(電源が必要な場合は電源サイト)
・地面は芝生または砂利
・綺麗な水回り

以上のような条件でキャンプ場の予約をすると、初めてのキャンプでも快適に過ごす事ができ、キャンプ場選びで失敗する事も無くなると思います!

キャンプ場の選び方がわからず悩んでいた方は参考になりましたでしょうか?
このキャンプ場の選び方は私の経験を基にした一例なので、自分なりにアレンジして選んでみるのもいいと思います!
この記事が、皆さんの役に立てばとても嬉しいです!

YouTube(C.C STYLEチャンネル)ではキャンプ場の選び方についてさらに詳しく、メリットやデメリットを紹介してます。
もっと詳しく知りたい方は下記の動画も参考にしてみてください!
↓↓↓ C.C STYLEチャンネルの動画 ↓↓↓

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想