タイトル画像

専門マスター

  • いいね

今までで一番ビーツを感じたかも!きーまっ赤かれー鴨ん

猪俣早苗

ご当地レトルトカレーマニア

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

山形県は時々ものすごくアグレッシブなカレーをつくるな~と思っています。
「さくらんぼ」や「だだ茶豆」とかね。

そんな山形県なので「これは…どっち?」と思ったのが今回のカレー。

鴨好きとしては鴨に一番魅かれたのですが、その色にも目を奪われました。

それもそのはず、ビーツを使ったカレーなのです!
ビーツと言えば鳥取県のピンクカレーを思い出しますが、ピンクではなく赤なのですからより濃いんだろうと思い期待大!です。

さっそく食べてみよう!

まずこちら、レンジ専用レトルトパックでした。

これもしかしたら、レンジで温めることでビーツが広がるのかな~と思いました。
実際、最初に見た時は「赤くない…」と思ったのですが、温めたら赤が広がっていました。

開けてみたら、こんな感じ。

予想以上に、赤でした。

香りは、ホウレンソウ!
ビーツは見た目はカブっぽいけどホウレンソウの仲間。だから当然なのですが、それでもかなりホウレンソウでした。

ビーツは形が残っているので、しっかり目でも確認できます!

やわらかくて、優しい甘さがあってビーツが分かりやすい分、鴨はやや控えめで隠れ気味。

これは完全に見た目、香り、味…ビーツが主役のカレーです。
ビーツの葉っぱも入っているので、本当にまるごと味わっている!という感じが強く伝わってくる一品です!

お買いものはコチラ

こちらのカレー、シリーズの最新作だと思われます。
先に発売の「山形和牛カレー」と「ベジタブルカレー」は販売中なので、もうすぐネットでも買えるのかな…と思ってます。
サンミート吉田

山形県の道の駅で購入

シェア

いいね

コンテンツへの感想