タイトル画像

専門マスター

  • いいね

ニトリのシール壁紙でハイエース天井をリメイク!#12

KAGARIBI

バンライフでキャンプ場を作る夫婦

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

車内を過ごしやすい空間にしようと、ハイエースをいろいろとカスタム中です。最初から旦那さんがずっと言い続けているウッド化ですが、どうも私は乗り気がしません。重い物を持ちたくないし、作業がめんどそうだし…。

そんな、面倒くさがりな私が提案したのが壁紙シールを貼ってしまう事。しかし天井のパネルは少し毛羽立っていてちゃんと貼る事が出来るのが不安でした。そこで以前家の壁に使用した壁紙が残っていたので試しに貼ってみたら、しっかり貼れてる。という事で壁紙貼りスタートです。

思いのほか張れてしまいました。
思いのほか張れてしまいました。

使用したのは、ニトリの「貼ってはがせるシール壁紙」のデニム柄とストーン柄です。カーブしている箇所は切り込みを入れたり、小さくカットした物をパッチワークみたいに貼っていきました。

よく見るとシワもできたりもしますが、見るのは自分たちくらいなものですから(笑)

カーブや形状が変わるところが難しい。
カーブや形状が変わるところが難しい。

足つけやボンドなど塗っておいた方がいいかと思ったのですが、さすがニトリブランド。思いのほかサクサクと作業が進んでいきます。

後部座席部分は余っていたストーン柄と新しく購入したデニム柄を使ってツートーンにしてみました。

いいアクセントになりましたね。
いいアクセントになりましたね。

残りはデニム柄で貼っていくことにしました。理由はなんとなく、旦那さんの感性です(笑)

以前作ったジーンズ生地の棚と合わせたかったんです。
以前作ったジーンズ生地の棚と合わせたかったんです。

実は途中でデニム柄も足りなくなってしまい、運転席・助手席の天井までは貼ることが出来ませんでした。ですが、かなり雰囲気を変えることに成功したと思います!

そう思っていた矢先…

成功したと思ったのも束の間、翌日にはがっつり剥がれてしまっていました…。

見事に剥がれ落ちてしまいました(汗)
見事に剥がれ落ちてしまいました(汗)

なぜかストーン柄の壁紙だけはしっかり付いていたのですが、デニム柄が全滅。とはいえ、雰囲気はすごくいいのでなんとかこのまま貼り付けたい!そう言いながら旦那さんはホームセンターに急いで車を走らせていきました。

天井部分はケバケバした素材なので、粘着がすぐに剥がれてしまいます。私も試しに裁縫用の布接着剤を使ってみましたが、やはり剥がれてしまいました。一体旦那さんは何を買ってくるのでしょうか。

数十分後、旦那さんが購入した来たのはこちら。

3Mの強力スプレーのり
3Mの強力スプレーのり

強力テープでお馴染みの3Mのスプレーのりです。コンタクト型接着剤ということで、粗面の接着も可能だとか。接着する両面にスプレーして装着するようで、これならケバケバした天井にも使えるかも知れません。ただ、注意事項には結構怖いことが書かれていました。

・極めて可燃性
・引火性の高いエアゾール
・強い眼刺激
・アレルギー性皮膚炎反応を起こす恐れ
・眠気またはめまいのおそれ
・水生生物に有毒

そして毒性という項目に「劇物含有」とまで記載されていました。

調べてみると車に使っている方も多いようですが、しっかり換気をした状態で、防護メガネ、マスクをしてスプレーしてみます。

安全かつ、完全防備で行います
安全かつ、完全防備で行います

手応えは良さそうでした。普通のスプレーとは違って糸状の接着剤が噴射されて、いかにも強力そうです。

のりは黄色で、塗ったところが分かりやすいです
のりは黄色で、塗ったところが分かりやすいです

使い方としては接着する両面にスプレーをし、スプレー後1分以上30分未満以内で貼り付けるそうです。ペンなどで粘着面を触ってみて、くっついてこなければオッケーです。

スプレー中はかなり強い刺激臭がするため、ある程度塗ったら車から出て放置。数分後に粘着面を確認して問題なさそうであれば貼り付けをしていきます。貼り付けの際は、しっかり「圧着」することがポイントです。

一度剥がれてしまったことにより位置がズレてしまい、ややシワが増えてしまった部分もありますが完璧にくっつきました!!これはすごい!!接着も乾いてしまえば匂いは全くしなくなりました。

これでウッド化しなくて済みましたw
これでウッド化しなくて済みましたw

旦那さんはウッド化、もしくはレザーを貼りたいといっていたのですが、見た目はレザー風になったのではないでしょうか。

これでハイエースのカスタムもひと段落…ですかね?

KAGARIBI ゆか

シェア

いいね

コンテンツへの感想