川瀬美香

映像作家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

人の想い、知恵、工夫はそうやすやすと伝わりにくい。常にその問題に対するアプローチを考えている。自分にとっての映像は、人類学の片隅に触れつつ、前を歩んだ人々の足跡を追いつつ、それを壊しながら、人間の土台に触れる挑戦である。映画「紫」(2012)、「あめつちの日々」(2016)、「The postman from Nagasak」長崎の郵便配達(制作中)、文化映像オリジナルWEB「手鑑」

関連タグ
関連リンク

コンテンツ一覧 1件