中村和彦

映画監督

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

大学在学中より助監督として劇映画の世界に入る。監督作に「棒」(2001年)、その他「日本代表激闘録」をはじめとするサッカー関連DVDなど多数。知的障害者サッカー日本代表を追った長編ドキュメンタリー「プライドinブルー」(2007年)で文化庁映画賞優秀賞受賞。ろう者サッカー女子日本代表を追った「アイ・コンタクト」(2010年)では、山路ふみ子映画福祉賞受賞。南相馬市のマーチングバンドを描いた短編「MARCH」(2016年)では、ニース国際映画祭外国語ドキュメンタリー映画最優秀監督賞。 6年以上の撮影を経て電動車椅子サッカーのドキュメンタリー映画「蹴る」が完成し2019年春より全国で順次公開中。

関連タグ

作品一覧 1件