タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【洲本市】「花と幸せを形に残す」プリザーブドフラワー専門店Salon de May

のぎ

ライター(南あわじ市・洲本市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

プリザーブドフラワーを制作・販売するお店Salon de Mayに行って来ました。隣にある以前紹介した居酒屋・満天の店主・竹中さんはお母さんだそうです。一つのビルで親子が隣同士。でもテイストがまったく違うお店をお互いに営むのはなんかいいですね。

プリザーブドフラワーは、生花の一番美しい状態を特殊な加工を施して保つために30年以上前にヨーロッパで開発された技術です。水やりなどの管理も不要。枯れることがなく、特別な染料で加工を施し、カラーバリエーションも豊かです。近年では、結婚式や記念日のプレゼントなど「贈り物」として購入される方が増えているそうです。

Salon de Mayは、2022年で開店から5年目を迎えます。店主のメイさんは、幼少期から大学までプロピアにストを目指していましたが、難病にかかってしまいその夢をあきらめました。その後、「何かを表現したい」という意欲がピアノからプリザーブドフラワーへと移りました。「花に癒された経験をほかの人にも感じてほしい」と資格を取得後、体験教室から始めて今に至るそうです。

店の中はアンティークの家具で統一されていて上品な雰囲気。特にメイさんが大好きな白いピアノが一段と目を引きます。

こちらは兵庫県立美術館で展示された作品だそうです。

Salon de Meyではお客様の要望を丁寧に聞き取りをして、その人のイメージにあった色そして雰囲気のプリザーブドフラワーをオーダーメイドで作ることを心掛けているそうです。店頭商品も購入できて、値段は3000円から。

体験教室も希望があれば1名からでも受け付けているそうです。最近は、プリザーブドフラワーの認知度を高めるために、遠方への出張レッスンなども行っています。

「Salon de Mayの商品をプレゼントされた方も何かあればここに買いに来てくれる。プリザーブドフラワーで幸せが派生していくような素敵な繋がりをこれからも大切にしたいですね」

最後にメイさんは、満天の笑顔で話してくれました。

Salon de may

〒656-0025

兵庫県洲本市本町4丁目2-15

営業時間:11時〜20時

定休日:不定休

TEL: 08043939911

・instagram : @salon_de_may

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想