タイトル画像

【さいたま市見沼区・岩槻区】9月1日は「防災の日」です。この機会に防災準備をしてみませんか?

ぱらきと

地域ニュースサイト号外ネットライター(さいたま市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

9月1日は「防災の日」です。

「防災の日」の9月1日を中心とした、8月30日から9月5日までの1週間が「防災週間」となっています。

東京消防庁のホームページによると、9月1日は関東大震災が発生した日であるとともに、暦の上では二百十日に当たり、台風シーズンを迎える時期でもあり、また、昭和34年9月26日の「伊勢湾台風」によって、戦後最大の被害を被ったことが契機となり、地震や風水害等に対する心構え等を育成するため、防災の日が創設されたのだそうです。

「ヤオコー 岩槻西町店」の防災グッズコーナーには、缶詰めや懐中電灯などと共に、こちらのチラシが置かれていましたよ↓

飲料水や食料が最低3日、できれば7日分の備えが必要であること、サランラップやテープ各種の活用術などが、「ヤオコー」の公式キャラクター、ヤッポー&コーちゃんのかわいいイラスト入りで書かれています。

お子さんにもわかりやすく、家族で防災について話し合う、きっかけ作りにもなるのではないでしょうか?

また、チラシの右下にあるQRコードから、国土交通省の運営するハザードマップ(被害予測地図)にアクセスすることができます。

自宅や勤務先周辺の避難場所や避難経路を確認しておけば、いざというとき安心ですね!

また、こちらは「コーナンドイト 東大宮店」の防災グッズコーナーにあったリーフレットです↓

「わが家の安全対策」グッズや「非常持ち出し袋」、「非常備蓄品」のチェックリストがあり、防災のためにどんなグッズが必要なのかを把握しやすいです。

また、家族で避難場所や連絡方法を確認し記入する欄があるので、普段から家族の目につく場所に置いておけば、何かあったときにも焦らずに行動する手助けになるのではないでしょうか?

防災グッズといえば、非常持ち出し袋は用意してあるものの、久しぶりに開いてみたら、懐中電灯の電池が入っていなかったり、非常食の賞味期限が切れていたり…という経験がある方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

私はあります。

苦い経験を生かすため、今回、10年保存可能と書かれた電池を買い足しておきました。

2021年の9月1日(水)の「防災の日」をきっかけに、家族で改めて防災について話し合ったり、防災グッズの見直しをされてみてはいかがでしょうか?

【店舗情報】
店名:ヤオコー 岩槻西町店
住所:〒339-0067 埼玉県さいたま市岩槻区西町2丁目5−1
電話番号:048-790-5511

【店舗情報】
店名:コーナンドイト東大宮店
住所:〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮5丁目9−1
電話番号:048-686-5601

シェア

いいね

コンテンツへの感想