タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【意外と多い】韓国でそのまま使われている日本語 Part2

トリリンガルのトミ

韓国語講師/YouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は「韓国でそのまま使われている日本語」の第二弾です!

前回は9つの言葉を紹介しましたが、実は韓国でそのまま使われている日本語はまだまだあるんですよ~!

ということで今回は、前回ここに書ききれなかった言葉を紹介していきたいと思います!

まずは食べ物に関する、韓国でそのまま使われている日本語を一緒に見ていきましょう!

「우동(ウドン)」

みなさんご存じの麺料理「うどん」のことです。

韓国には、うどんとよく似た「칼국수(カルグクス)」という麺料理があります。

「칼국수(カルグクス)」の「칼(カル)」は包丁や刀のことを指します。「국수(グクス)」は麺という意味なので、「칼국수(カルグクス)」は生地を包丁で切った麺のことを指します。

うどんと칼국수(カルグクス)の違いはどこにあるのでしょうか?

うどんは作るときに麺は麺だけでゆでて、おだしとは別に調理しますよね。一方の칼국수(カルグクス)は包丁で切った麺をそのまま直接スープに入れて煮込みます。なので、スープに少しとろみがつきます。麺の食感もうどんに比べると柔らかめです。

2つとも似てはいますが、日本式のものは「우동(ウドン)」と呼ばれ、韓国式のものは「칼국수(カルグクス)」と区別されているようです。

「돈까스(トンカス)」

これは「とんかつ」のことですね。韓国語には日本語の「つ」にあたる音がないので「トンカス」という発音になっています。

呼び方は同じですが、韓国の돈까스(トンカス)は日本のとんかつのイメージとは少し違います。

돈까스(トンカス)は、お肉の厚さが日本のとんかつに比べて薄めで平べったい見た目です。その分、日本のとんかつよりカリッとした食感が楽しめます。ソースも日本のものとは違って、ちょっとデミグラスソースっぽいようなこってりした感じがあります。

余談ですが、Nソウルタワー(ナムサンタワー)で有名な南山エリアには「南山トンカツ通り」という通りがあって、ここは돈까스(トンカス)の激戦区といわれているそうですよ。

「벤또(ベント)」

これは「お弁当」から来ている言葉です。

韓国語にはお弁当を意味する「도시락(トシラッ)」という言葉もあります。

最近は日本の「キャラ弁」が海外でも話題になったりもしていますよね。キャラ弁づくりに挑戦している外国人の方もたくさんいるようです。日本のお弁当文化が世界に広まっているのを感じますね。

韓国でも最近は日本式のお弁当専門店が増えてきていることもあって、「벤또(ベント)」という言葉もしばしば目にするようになりました。

そのほか、韓国には「오뎅(オデン)」という食べ物があります。

これは韓国では屋台で食べられるおやつの定番です。ドラマにもよく出てきますね。

名前は日本の「おでん」に由来していると言われていますが、さつま揚げを薄くのばしたような練り物を串にジグザグとさして煮てある食べ物で、日本でいう「おでん」とは全然違う料理です。呼び方は同じ「おでん/오뎅(オデン)」でも中身はちょっと違いますね。

ほかにはどんな言葉があるのでしょうか?

年配の方に使われている言葉にはこんなものがあります。

「쓰메끼리(スメキリ)」

爪切りのことです。先ほど「돈까스(トンカス)」のところでも言いましたが、韓国語には「つ」にあたる音がないので「スメキリ」という発音になります。

「바께스(バケス)

そのままバケツのことですね。これも「ツ」の発音が「ス」になっています。

「무대포(ムデポ)」

これは日本語の「無鉄砲」に由来している言葉です。意味も日本語と同じように使われています。

「찌라시(チラシ)」

日本語と同じように「広告」といった意味でも使われますが、「あまり信用できない情報」、「噂話レベルの情報」、「怪文書」といったニュアンスで使われることもあります。

「소데나시(ソデナシ)」

「袖なし」つまり、今でいう「ノースリーブ」のことですね。

「소데(ソデ)」だけでも通じます。意味も日本語と同じです。

「시마이(シマイ)」

日本語の「おしまい」から来ているのだと思われます。

韓国語で「~する」を表す「하다(ハダ)」をつけて「시마이하다(シマイハダ)/おしまい、お開きにする」という意味で使われます。ちょっとヤクザが使うイメージがある言葉です。

昔からではなく、わりと近年使われるようになった言葉には、こんなものがあります。

「유도리(ユドリ)」

日本語の「ゆとり世代」という言葉で使われる「ゆとり」のことです。韓国でも同じ意味で使われます。

「모찌모찌(モチモチ)」

発音も日本語と同じです。意味も同じで触れた感じや肌触りが「モチモチ」という風に使われています。

いかがでしたか?

韓国でそのまま使われている日本語がこんなにたくさんあるなんて!!

ビックリですよね~!それと同時になんだか不思議な感じもします。

韓国の人との会話のなかで、この中にあるような日本語が出てきたら一気に親近感がわいてきそうですね!

ーーー

今回の記事で韓国語に関心を持たれた方がいましたら、YouTubeで私と一緒に韓国語を学んでみませんか?

全くのゼロからでも学べる、無料の韓国語講座を配信中です!

シェア

いいね

コンテンツへの感想