タイトル画像

How to

  • いいね

たくさんあってもメリットなし!料理が苦手なママが手放すべき3つのモノ

吉川永里子

収納スタイリスト・生き方スタイリスト・整理収納アドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

子どもがいると、料理をしないわけにいきませんよね。

週に何度かは、外食や買ってきたお惣菜で済ませられたとしても、ずっとまったく作らないというのは難しいでしょう。

筆者は料理が苦手ではないのですが、料理が嫌いです。

だからできるだけ簡単に、ラクに365日のご飯を作りたい!

そして、なんとか料理に対するモチベーションを保ちたい!

また、たくさんの片づけられないママ、料理がおっくうで悩んでいるママを見てきた経験から

料理が苦手・嫌いなママに、ぜひ手放して欲しいモノがあります。

出番の少ない便利グッズや調理道具はなくてよし

まず「ゆで卵カッター」とか「みそ軽量スプーン」など、用途が限られた便利グッズ。

毎日活用している場合はいいのですが、引き出しに入りっぱなしで出番が少ないなら、潔く手放しましょう!

ただでさえモノが多いキッチン。

使わない道具があることで余計にごちゃごちゃしてしまいます。

\NG/苦手意識があると、つい便利グッズを買いたくなる

包丁・菜箸・計量カップ・計量スプーンなど、基本の調理道具でまかなえるものは見直して見てください。

ただし、便利で週1回以上使っている道具は、スタメンとして使いやすい場所に収納しましょう。

食器はたくさんあっても使いこなせない

食器はさまざまな形・色が売っていて、ついつい増やしたくなってしまうアイテムです。

和食・洋食・中華などメニューにあわせたり、季節やイベントにあわせてたり、楽しみ方もたくさんあります。

でも、ちょっと待って!

機能面の話だけをすれば、なんでも入れられる白いお皿やお椀が1つずつあれば事足ります。

メニューを決めて、調理をするだけでも大変なのに…

どれを使おうかな?と、食器まで考えなくてはいけないなんて大変すぎます!

選択肢が多ければ多いほど迷ってしまい、労力がかかるんです。

\NG/苦手なことに関する選択肢が多いと疲れる

「選ぶ」というのは思っている以上に思考能力というパワーを使います。

苦手なことであればある程、選択の余地をできるだけ減らしてシンプルに。

定番以外の調味料やタレ類は一旦処分

料理が苦手な方と、料理にこだわりがある片づけ下手さんには共通点があります。

それは、無駄な調味料をたくさん持っていること!

ナンプラーとかバルサミコ酢みたいな、たまにしか使わない変わり調味料。

アヒージョの素やアクアパッツァの素など、専用の料理に使うもの。

こういった調味料で冷蔵庫内やパントリーがごちゃついてることが多いんです。

\NG/苦手克服と思って、いろいろな調味料を増やしてしまう

料理にこだわって、楽しんでおしゃれご飯を作る人はいいですが、苦手な人は手を出さない方がよいでしょう。

できる限り「わが家の定番調味料」を決めて、あまりバリエーションを増やそうとしない方が賢明です。

最後にもう一つ、たくさん用意しなくても大丈夫なものがあります。

それは、毎日の献立です。

献立のバリエーションは少なくてOK!

夕飯はメインになるものが、15種類あれば十分です。

学校の給食なども月に同じ献立を2ターン回していることが多いんです。

自宅のご飯だって、賢くマネさせてもらいましょ!

365日・20年近く作らなくちゃいけない家族のご飯。

ある程度いろいろな食材を使いつつ、肩の力を抜いて負担なく取り組みましょうね!

\献立の考え方についてはブログ記事もご覧ください/

思考能力が下がった夕方に献立を考えない!

シェア

いいね

コンテンツへの感想