タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【ゴルフ】「フェース向き」「ヘッド軌道」「ヘッド入射角」 正しいインパクトのための3つの条件

Akira Yasu

ゴルフライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

打点以外の重要なポイント

ボールをスウィートスポットでとらえるためには条件がある。「フェース向き」「ヘッド軌道」「ヘッド入射角」の3つががスウィートスポットでボールをとらえられるものでなければいけないのだ。

3つの条件

クラブフェースは目標線に対して直角

右から左、左から右に曲がるボールを打つ場合は、クラブフェースの向きの理想は目標線に直角ではないが、ストレートに近い弾道を打つ場合は、クラブフェースの向きは直角が基準となる。

クラブヘッドの軌道が目標線と一致

クラブヘッドの軌道は「インサイドイン」が基準になるが、「インサイドアウト」「アウトサイドイン」がNGというわけではない。目標方向に対して、ヘッド軌道がマッチしていれば、目標方向にボールを飛ばしやすい。

ボールを正しくとらえられるクラブの入射角

ドライバーはアッパーブロー、アイアンはダウンブロー、が基準となる。それにより、適性の打ち出し角やスピン量を得やすくなる。

クラブは直線的に動かない

多くのゴルファーはインパクト前後のクラブヘッド軌道について、直線的な平行移動のイメージを持っているようだ。しかし、横の次元(インサイドorアウトサイドイン)でも、縦の次元(アッパーブローorダウンブロー)でも、クラブヘッドは直線的に動くわけではなく、曲線的に動く。これらをミックスするとゴルフスイングに必要な「振り子」となる。

<関連情報>
【ゴルフ初級者】正しいインパクトのための3つの条件(Golfers Support.com)

シェア

いいね

コンテンツへの感想