タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【ゴルフ】アドレスと始動 リズミカルにスイングするためのポイント

Akira Yasu

ゴルフライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

リズミカルにスイングできると再現性が高まる

綺麗な形のスイングを覚えても、その再現性が高まらなければ、ショットをより安定させることは難しい。

スイングの再現性を高めるために重要なのが、リズミカルにスイングするということ。一定のリズムでスイングすることができると、ショットが安定しやすくなる。

リズミカルにスイングするためのポイント

プリショットルーティーン

リズミカルにスイングするためのポイントとして挙げられるのがプリショットルーティーン。プリショットルーティーンとは、スイングする前のアドレスを決める段取りのことだ。

飛球線後方からターゲットを確認する、クラブをセットしてアドレスする、スイングする。この流れを構築して定めることで、リズミカルにスイングしやすくなる。

<関連記事>
【ゴルフ】動作と精神の準備 プリショットルーティーン確立の重要性とは(Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム)

フォワードプレス

グリップを打つ方向に動かしたり、右膝を軽く内側に入れ戻したりする動作のことをフォワードプレスという。フォワードプレスをとり入れることで、スムーズに始動でき、リズミカルにスイングしやすくなる期待が持てる。

フォワードプレスとは始動前にグリップを打つ方向に動かすこと
フォワードプレスとは始動前にグリップを打つ方向に動かすこと

少し大げさにしています
少し大げさにしています

コースでは形よりもリズムが大切

リズムを意識すると形がおろそかになることがあるかもしれない。その場合、普段の練習ではリズムを意識しつつも形を優先に、コースラウンドでは形を意識しつつもリズムを優先に、というふうに優先順位を替えて取り組んでみると良いだろう。

<関連記事>
再現性を高めるためにスイングリズムやプレーのリズムを一定にするためのポイント(Golfers Support.com)
「体幹主動」でリズミカルでテンポが良いスイングになる(Golfers Support.com)

シェア

いいね

コンテンツへの感想