タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

機種変更の季節!iPhoneのSuicaなどApple Payの疑問:Q&A17

Appleが大好きなんだよ

チャンネル管理人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 こんにちは。Appleユーザー歴27年 !YouTubeチャンネル「Appleが大好きなんだよ」(外部リンク)管理人のダイスキ(大好きさんと呼ばれているので)と申します。

 機種変更の季節間近ですね。今日は質問が過去動画にも多いApple Pay Wallet関連のQ&Aとしてよくある質問とその答えを17ほどまとめてみました。

<Apple Payとは>

 iPhoneのNFC、Felicaを使った非接触決済を中心としたAppleが提供する決済サービスです。日本ではクレジットカードに加え、Suicaなど交通系のプリペイドカードがあります。WEB決済にも対応しています。

ここからはQ&A形式でお送りします。

<交通系>

 日本でSuicaが使えるようになってもう5年近く経ちます。Suicaに加え昨年秋に私鉄系のPasmoが加わりました。

Q.クレジットカードなしでも使えますか?

A.発行はカード型Suica・PASMOの読み込みなら可能です。(大学生以上の定期券でも可能)クレジットカードが無いと現金チャージでの運用になりますが、現金チャージはJRのチャージ専用機、私鉄のタッチタイプ券売機の一部、バス内、セブン銀行ATM、コンビニ店頭などで可能です。

読み込みではなくてもアプリ内発行の際のチャージにブランドデビットカードを使うという方法もあります。

Q.カード型Suica読み込みの場合、その後そのカードは使えますか?

A.データが抜き取られて使えません。戻すこともできません

Q.JR東日本と関東私鉄以外で使うメリットはありますか?

A.定期券はSuicaとPASMO以外は使えませんが、乗車券は全国の提携交通機関のほとんどが使えます。コンビニも全国でほとんどが使えるほか、交通系プリペイドカードの使えるショッピングセンターでも使えます。

Q.Suica、PASMOアプリを入れる意味はありますか?

A.Walletアプリや設定のWalletとApple Payからも発行やチャージが可能ですが、Apple Pay完全対応のクレジットカード・ブランドデビットカードからのみになります。アプリからでしかできないのはApple Pay完全対応以外のクレジットカード・ブランドデビットカードからのチャージです。その他定期券発行やグリーン券、特急券購入が可能となっています。

QUICPay系などはWalletからはチャージに使えない。
QUICPay系などはWalletからはチャージに使えない。

アプリの方が使えるクレジットカードは多い
アプリの方が使えるクレジットカードは多い

Q.学生なのですが定期券は使えますか?

A.基本は大学生以上です。

<PASMO>

19 歳となる年度の4月1日以降を有効開始日とする定期券

アプリから予約操作、サポートセンターへ申込書と証明書類の郵送

<Suica>

大学・専門学校生相当のみ

アプリから予約操作、サポートセンターへ申込書と証明書類の郵送

となっており、同一年度内はアプリ内継続購入が可能ですが。

しかし1番簡単なのは通学証明書を持って、カード型の定期券を駅で購入。それを読み込む事だと学生さんから聞きました。

Q.Apple WatchのSuicaやPASMOはiPhoneと同じものが使えますか?

A.残念ながら1枚は1端末にしか置けません。Watchでも使う場合2枚必要です。iPhoneとWatch間の移動はできますが、出先でやる作業としては現実的では無いです。

Q.通信がないと使えませんか

A.通信がなくても使えます。PayPayなどとの決定的な違いは通信環境がなくても使えることです。支払いと現金チャージは圏外や機内モードでも使えます。ただしiPhone内でのチャージは通信が必要となっています

SIM無しでも使える
SIM無しでも使える

Q.支払いにロック解除が面倒なのですが

A.交通系カードはiPhoneのロック解除をしなくても「エクスプレスカード設定」にすることでそのまま使えます。

支払い時に自動で立ち上がる
支払い時に自動で立ち上がる

Q.iPhoneの機種変更の時はどうしたら良いでしょうか

A.旧端末から削除するとiCloudに保存されます。

新端末側でWalletアプリや設定のWalletとApple Pay、Suicaアプリから+ボタンを押し、表示される候補から選びます。

Q.チャージ可能な時間帯は?

A.午前4時から午前2時です。PASMO現金チャージは24時間可能となっています。

Q.電池切れでSuicaやPASMOは使えますか?

A.「予備電力機能付きエクスプレスカード」という機能があります。iPhone XS移行の機能で電池が切れた後でも使えます。5時間は支払いと現金チャージは可能となっています。

改札可能
改札可能

チャージも可能
チャージも可能

<クレジットカード・ブランドデビットカード>

Q.対応カードにはどんな種類がありますか

A.Apple Payフル対応、QUICPay対応、ID対応などがあり、iPhoneのシステム内で使えるものはフル対応のみとなっています。

Q.複数のiPhoneやApple Watchに入りますか?

A.Suicaなどと違い複数端末同時に入ります。クレジットカード自体も使い続けられます。

Q.上限金額は?

A.国や店やカードによるようで、日本の場合は店によっては2万円以上は不可能だったり、暗証番号入力で使える場合もあります。

Q.認証がめんどくさいです

A.残念ながらセキュリティ上の理由で生体認証やパスコード認証が必要です。

ただし、エクスプレス設定がVISAなどで一部交通機関において使えるサービスが始まっており可能なものもありますが、物販は認証が必要。セキュリティ上は当然だとは思われます。

しかし、Apple Watchの場合は装着時にパスコードでロック解除していればサイドボタンのダブルクリックだけで支払い可能なので便利です。

<Wallet Apple Pay全般>

Q.iPhone盗難紛失時はどうしたらいいですか?

A.iCloudやiPadなどの「探す」アプリから紛失モードにすると指定デバイスでApple Payが無効になります。Apple Pay用に設定されているクレジットカードやデビットカード、学生証、およびエクスプレスカードはデバイスから削除されます。

ただし紛失モードまでの時間にエクスプレス設定のスイカなどは使えてしまいますので注意必要です。

Q.Walletで他に使えるものはありますか?

A.搭乗券、ホテル予約サイト、ポンタカード、dPoint、Apple Storeの店頭ピックアップなどが可能な他年内にWAONやnanacoが対応予定となっています。

海外では自動車運転免許や学生証、ホテルキー、ワクチン接種証明書などの動きがあります。

 今日はiPhoneのApple Payについてよくいただく質問中心にまとめましたが、これからの機種変更シーズンや日頃の生活のお役に立てれば嬉しいです。

YouTubeチャンネルでは同じテーマでよりわかりやすい動作などがわかる動画をアップしています。

Suica/PASMOにクレカ:iPhoneのApple Payの疑問 Q&A 17 ・2021年9月版!機種変の季節

こちらも合わせてどうぞ。

シェア

いいね

コンテンツへの感想