タイトル画像

How to

  • いいね

6人家族の食器は、引き出しに入る分だけ。収納スペースを決めれば、持ち過ぎなし!

ベリー

ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

わが家は夫婦と子供4人の6人家族です。住まいは60平米の賃貸マンション。収納スペースは限られているので、物を持ち過ぎないようにしています。

食器も、持ち過ぎないようにしているもののひとつです。食器は好きですが、収納スペースを考えると、たくさんは持てません。わが家の適量は、「引き出しに入る分」です。キッチンに備え付けの引き出し4段に収まる分だけ持つようにしています。

4段に収納できる分だけ
4段に収納できる分だけ

まず、1段目はカトラリー類です。無印良品や100円ショップで購入した仕切りを使っています。

輪ゴムや軽量カップ、爪楊枝もここに
輪ゴムや軽量カップ、爪楊枝もここに

そして、2段目は飯椀や取り皿、豆皿を。小さな小鉢もこちらです。

白地をメインに、紺を差し色にしています
白地をメインに、紺を差し色にしています

3段目は、カップやグラス類を。この位置にしておくことで、もうすぐ3歳の次女も自分でグラスを取り出せます。

グラスやマグカップを入れています
グラスやマグカップを入れています

そして最後は、どんぶりやカレー皿など。重たい皿は4段目です。

この4段の引き出し収まる分だけ食器を持つことで、引き出しを開ければ手持ちの食器が一目で見渡せます。見えるということは、認識できるとこと。全然使っていない・・・と食器はまずありません。

新しい食器を買う時にも、この食器はいくつかの用途で使えるかな?と考えます。例えば、蕎麦猪口であれば、デザートカップとしてヨーグルトを入れるのにも使えます。

持つ食器は、収納スペースに収まる分だけ。そう決めることで、食器を持ち過ぎることを防げます^ ^。

文・写真 ベリー

60平米賃貸マンションで4人の子供を育てるフルタイムワーキングマザー。夫婦双方の実家から遠く離れて住む核家族。ブログ「ベリーの暮らし」(外部リンク)を毎日更新。家事やごはん作りをなるべくラクに!教育費を抑えつつも成績上位を目指して、塾なし家庭学習7年目!の日々を綴っています。

Instagram: berry.kurashi(外部リンク)

シェア

いいね

コンテンツへの感想